占いツクール
検索窓
今日:286 hit、昨日:6,108 hit、合計:277,124 hit

30 ページ32

ご飯を食べる時





元気のなかった涼音が、急に席を立ち、茅野さんの元へ向かい、パンを叩き落とした。




バンっっ!!





涼音「許さない…
あんたが答えを外さなきゃ、蓮は死なずに済んだ。あんたのせいで!!」









「やめろよ!!」







涼音「あんたのせいで蓮は死んだの!!」







近くの男子が止める。






涼音気持ちはわかるけど…それは違うよ。






私も思いっきり立つ。





ガタンっ!!





その音で涼音達も静かになる。






私「それは、違うよ、涼音。」







涼音「…これで満足?私を…蓮を…ざまぁみろとかでも思ってんでしょ?」






私「そんなこと思ってるわけない。
それに、茅野さんをせめるべきじゃない。」







涼音「あんたに、大切な人を目の前で殺された気持ちどこにわかんの!!同情なんてしないで!気持ち悪い!吐き気がする!」








私「涼音!!!!」






私の普段出さない、大きい声で涼音の肩がびくっと動いた。







私「じゃぁ、涼音はあの課題の完璧な答えを出せた…?

そもそも、考えようとしたの…?」







涼音「っ…うるっ、さい!!なんでお嬢様にそんなこと言われなきゃいけないの!!
あんた、ほんとムカつく。もう、喋りかけないでよ!」








シーン…とした中、唯月が口を開いた。









唯月「…ねぇ、ずっと気になってたんだけど、Aと涼音って前まで仲よかったよね?
なんで、こんなに悪くなったの…?」







その答えに私も涼音も答えられなかった。








須永「……。」

31→←29



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (203 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
901人がお気に入り
設定キーワード:柊一楓 , 3年A組 , 甲斐隼人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

理佐 - 甲斐くん落ちがいいです!! (5月10日 6時) (レス) id: 7801f240ae (このIDを非表示/違反報告)
Ta_mu_pu(プロフ) - おおさん、具体的にどこか、教えてもらっていいですか?申し訳ありませんでした。 (4月14日 20時) (レス) id: c4889ab0e5 (このIDを非表示/違反報告)
★YUI★ - オチは甲斐君が良いです! (4月6日 23時) (レス) id: c384c52401 (このIDを非表示/違反報告)
おお - 景山が影山になってるので直してください (4月3日 6時) (レス) id: 37fb6ef96e (このIDを非表示/違反報告)
k - オチは須永くんがいいです! (4月2日 18時) (レス) id: 2c101ea95c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Ta_mu_pu | 作成日時:2019年3月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。