占いツクール
検索窓
今日:257 hit、昨日:513 hit、合計:352,357 hit

第2話 ページ3

「わ、私は豚キムチとか入ってたら嬉しいかもしれないです…。豚キムチのおにぎりとか見たことないですし…」


私がそう答えると彼は目を丸くして、


?「おぉ豚キムチ、ありやな。お姉さんありがとぉな。」


そう微笑むと彼はキムチに入ってそうな野菜をカゴに入れると、違うコーナー売り場へと去った行った。



え、あの人野菜からキムチ作る気なの…?
一人暮らしの男の人が手作りキムチって凄くない?




嵐のように去ったその時間。




「え、なんだったんだろ…」



私もぱぱっと残りの必要なものをカゴに入れてレジに並んだ。


















スーパーから出ると、今日は天気も良かったので外はまだ明るい。

せっかくだし、少しこの辺のこと知りたいので、
少し散歩してから帰ることにした。




(こんなとこに美味しそうなカフェがある…!
今度友達と来ようかなぁ〜!)


知らない土地での散歩は案外楽しいもので、
良さそうなお店をちまちま見つけて行く。


そこへ何故だかスッと目に入ったお店、

まだガラス張りの窓で、内側からカーテンが閉まってるのか中は見えない。


目線を上に上げると大きく




『おにぎり宮』



という文字。





今はまだ締まっているのか、近寄って見てみると、

『5.26 OPEN決定!』と書かれた紙の横に、
アルバイト募集の紙も貼ってあった。



私も何か新しいことを始めたかった頃。



「おにぎり…宮。おにぎり…」




さっきの人の影響もあってか、おにぎりに過剰に反応してしまった。











バイト始めてみようかな…











アルバイト募集の紙をパシャっと写真取り、

そのまま駅に向かった。

第3話→←第1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (379 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1171人がお気に入り
設定キーワード:宮治 , おにぎり宮 , ハイキュー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たたねんこ(プロフ) - 田中さん» コメントありがとうございます^^もう自分の身の何をどう捧げればいいのか分からないくらい稲荷崎尊いですね…!! (5月1日 23時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)
たたねんこ(プロフ) - 猪と猫さん» コメントありがとうございます!もう本当に稲荷崎民にとってはこれは命日かな?ってなるくらい本誌やばかったですね!!猪と猫さんのすなくんの作品も楽しく読ませていただいてました!!これからもよろしくお願いします! (5月1日 23時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)
田中(プロフ) - 本誌やばかったですよね!とりあえず稲荷崎尊いです。 (4月27日 8時) (レス) id: 1cdcd59863 (このIDを非表示/違反報告)
猪と猫(プロフ) - いつも拝見させて頂いてます!とても面白いです!本誌やばかったですよね (4月27日 8時) (レス) id: 6ce145a451 (このIDを非表示/違反報告)
たたねんこ(プロフ) - 黒瀬さん» コメントありがとうございます!少しの間更新せずに申し訳ないです…!そう言っていただけると励みになります!頑張ります! (4月23日 20時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たたねんこ | 作成日時:2020年4月10日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。