占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:323,537 hit

40.君となら ページ40

爽やかな春の風が吹いている。部活も終わり、黄瀬くんと並んで帰っていると、少し強めの風がわたしたちの髪の毛を揺らした。

何気なく振り向けば、遠くでは桜吹雪ができていて、下校中の他の生徒たちのスカートを揺らしている。そして、自分のスカートもヒラヒラしていることに気付いて、わたしはそっと微笑んでから前を向く。

「おい、あのマネ可愛くね?」
「馬鹿! あの人、黄瀬先輩の彼女だぞ」
「まじかよ」

すると、後ろから聞こえてきた微かな声。わたしは聞き取ることはできなかったけど、僅かに眉を顰めた黄瀬くんには聞こえたらしい。

「あの子たち、確かバスケ部の一年生だよね。なんて言ってたの?」
「......オレたちがお似合いだってさ」

ーーーいや、絶対違うだろ。

心の中でそう突っ込んでいると、いきなり距離を縮めてきた黄瀬くんが、わたしと指を絡ませて、ぎゅっと力を込めてくる。

「一年生、めっちゃ見てるけど」
「見せてるんスよ」

勢い良く顔を上げれば、わたしと同じように頬を染めた黄瀬くんが満足げに微笑んでいて。わたしと目が合うと、黄瀬くんは子供っぽい笑みを浮かべて繋いだ手を指差した。

「Aっち、女の子用の制服着るようになって、なおさらモテてるみたいだから、牽制しとかないとね」
「牽制なんてしなくても...」
「駄目ッスよ! これだから本人に自覚ないと困るんだってばもう」

可愛らしく口を膨らませた黄瀬くんに肩をぶつけられる。わたしは思わず吹き出しながら、繋いだ手をぎゅっと握り返した。

41.あとがき→←39.呼びかた



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (439 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
580人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , 黄瀬涼太 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - たくっちさん» コメントありがとうございます〜!! そう言っていただけると嬉しいです! ほんとにありがとうございます!! (2015年12月29日 22時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
たくっち - めっちゃ良い話じゃないですか。感動しました!これからも感動するような作品よろしくお願いします。応援してます! (2015年12月27日 18時) (レス) id: 14821b434b (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 朱いメダカ@ペンタブ禁止令さん» コメントありがとうございます^ ^ そういっていただけると、すごく嬉しいです〜!! ありがとうございます! (2015年5月12日 0時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
朱いメダカ@ペンタブ禁止令(プロフ) - 今日読み始めて一気に最後まで読んでしまいました!!凄くキュンキュンして泣けて…凄く面白かったです!! (2015年5月11日 23時) (レス) id: edbb06b586 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - にょんさん» コメントありがとうございます^ ^ ほんとですか!? すっごく嬉しいです、ありがとうございます!! (2015年5月7日 23時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2015年2月15日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。