占いツクール
検索窓
今日:27 hit、昨日:93 hit、合計:30,144 hit

天使の天使達【kr.ut.zm.gr】 ページ34

【関係者立ち入り禁止】と書かれた鉄の扉。
既に何度も訪れているため、この扉にも慣れてしまった。

コンコンと戸を叩くと中から「どうぞ〜」と気の抜けた声がする。
中に入ると気の抜けた声の主は何やら緑色の液体をフラスコに入れたままこちらを見た。
何故その液体は発光しているのだろう…

ク「おお!A君じゃないか!どうしたんだい?」

「こんにちは。クラレ先生。
実はですね…。面白そうなイタズ……実験を思いついたのですが聞いていただけますか?」

ク「ほおほお。どんな実験なのかね?」

クラレ先生はフラスコを置くと、お茶を煎れてくれた。
ビーカーとかに入っていなくてよかった…。
私は実験の全貌を話し始める。



ーーーー


ク「なるほどなるほど。
面白そうだね!!ぜひやりたい!!」

やっぱり乗ってくれた。
お礼を言うと「ただし」と続けられる。


ク「条件がある。」

「条件、ですか?」

ク「その1。作れるのは2〜3個まで。
というのも、未だに作ったことのないものだからね。費用の問題もあるし、何より何かあった時に全員に効果を及ぼしていたら困るだろう。

その2。効果はできるだけ薄くする。
これも先程言った作ったことのないものだから。副作用も怖いし、何より万が一の事があったら怖いからね。効果は一日が限界だろう。
そして薄く作るから飲んだ人も効果はまちまちかもしれない。

それでも良いかな?」

十分すぎる。
私は快くokをする。
その答えを聞くとクラレ先生は楽しそうに研究室の奥へと向かっていった。


ーーーー
(作者余談)
ビーカーにお茶を入れ骨型のクッキーを食べるとある漫画の葬儀屋さんが推しです。

天使の天使達2【kr.ut.zm.gr】→←泣き虫【ut】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
112人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 短編集 , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨々(プロフ) - るぅうぃさん» おっと…大変失礼致しました。お手数おかけして申し訳ないのですが、どこのお話か教えて頂いてもよろしいでしょうか… (6月22日 19時) (レス) id: 67d442b3b3 (このIDを非表示/違反報告)
るぅうぃ - 誤字ってました 暗い録画って暗い廊下では...? (6月22日 18時) (レス) id: 52a6e6729c (このIDを非表示/違反報告)
すみれいん(プロフ) - 雨々さん» いえいえいえいえ!!お返事なんて忘れても大丈夫ですよ!私も遅れてしまいましたし…すいません!でも、みれてよかったです!ニヤニヤしてます! (6月9日 13時) (レス) id: 0dc2b364d7 (このIDを非表示/違反報告)
雨々(プロフ) - すみれいんさん» すみれいん様!!返信し忘れておりました…。申し訳ございません…。おお!そうですか!!良かったです( ´ω` ) (6月4日 21時) (レス) id: 67d442b3b3 (このIDを非表示/違反報告)
すみれいん(プロフ) - お久しぶりです!設定をいじったらもーそーばこ。が見れるようになりました!!ご心配をおかけしてすいません!!! (6月4日 21時) (レス) id: 0dc2b364d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夕凪 | 作成日時:2019年4月10日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。