占いツクール
検索窓
今日:38 hit、昨日:3 hit、合計:160,532 hit

44 ページ43

「…お前ぇ…っ」


「あー、ごめん。
俺なんかやっちゃったかなぁ?」




術…?

そうか、

僕は術をかけたのか

化け物だから術を使ったのか


それで

こいつの事を忘れてたのか






そいつは申し訳なさそうに眉を寄せる
裏を含んだ笑顔で


体が重い

頭がふらつく

体が倒れないように手をついて支える




お前は…確か…

南雲薫で…


…それでっ…



__あと少しで思い出せるんだ



あと少し





「あ、俺もう帰らなくちゃ。
帰るの結構大変なんだよねー」





「…待て…っ!行くな!」





霞みがかった記憶がある


なんだ?


なんなんだ?





お前は…

お前は…


__なにしにここに来た?



「また今度話そうよ、

ここの奴らにちゃんと見てもらうんだよ?」





__僕になにをした?


__僕はなんで術をかけた?







そいつは何故か逃げるように出口へと向かって行く

それを捉えようとするように



手を伸ばす






__ズキッ…__



「うあぁっ…」




待て…


いくなっ



突然の頭痛


痛い


視界が揺らぐ


手は届かなくて




「じゃあね、」


___ピシャン…




襖が閉じたのと

体が傾いたのは同時だった




………ドサッ………





雨は止まない



頭の中で雨音がこだまする



___ザァ…ァ




…か、おる…







ぼく、…の、なに





術…


…ぼ、くは人間じゃ、ない


僕は…




_____



__________




_______________





裏切りというのは

ただの行為にしか過ぎない



『…行かないで』



場合により、軽いものや重いもの様々だ

あるときは


人の命まで奪う





『やめて置いて行かないで』



『私から大切なものを奪わないで』




どうせ、捨てられる



そう、


『捨てられる』




ただの消耗品に過ぎない


ただの道具に過ぎない


私が、僕が、一人で勘違いをしていただけ


大切にされてると思った


思ってた


ずっとこのまま続けばいいと思った


笑顔が絶えなくて


楽しかった







近づきたかった、だけなんだ


許してよ



ごめん。


悪かった




私が悪かったんだ


だから許してよ








始まりには、終わりがある






そうでしょ?










_____


__________


_______________


***********

あ、文章力落ちた\(^o^)/

45→←43



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (135 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
212人がお気に入り
設定キーワード:ドラごん , 薄桜鬼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ドラごん(プロフ) - 黒月桜さん» あ、第二章続きますよ^_^ (2014年7月23日 22時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
黒月桜(プロフ) - か....完結!? (2014年7月23日 20時) (レス) id: 18c213da58 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい凄く楽しみです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)
ドラごん(プロフ) - 斎藤ようこちゃんさん» 今頑張って書いていますので少々お待ちを!Σd(゚∀゚。) (2014年7月19日 15時) (レス) id: ee7dfc4505 (このIDを非表示/違反報告)
斎藤ようこちゃん(プロフ) - わーい。第二章読みたいです。 (2014年7月19日 15時) (レス) id: eede5b9ca7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ドラごん | 作成日時:2013年8月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。