占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:273 hit、合計:984,537 hit

オシオキ 5 ページ5











服がすべて取り除かれた時には、もう既にソファに押し倒されていた。






ナカに指を入れられて圧迫感で呼吸が苦しい。





HS「ドロドロ…イケナイ子になっちゃったね」





YG「中キッツ、」





慣らす術もなく、指は確認程度で抜かれた。





私に覆いかぶさるユンギオッパ。






YG「泣くなよ、今気持ちよくしてやるから」






そう言って私の目にたまった液体を指ですくい、口に含む、





と同時に





一気に雄をねじ込んだ。






『や、ああっ!!』





YG「っ、はあ」






ズンズンと腰を進めて責め立てるユンギオッパ。





快感と息苦しさが、脳を、身体をごちゃごちゃにしていって





悲鳴に似た喘ぎ声がリビングに響く。





その間にもほかのオッパたちの手は私の身体を弄ぶ。





胸の頂を口に含んだり





下を這わされたり





気持ちよくてどうしようもなくて





正面に見えるユンギオッパの苦しそうな顔が目に入ると





なぜか胸がきゅんとした。






YG「お、いっ締め付けんなよ」





『ごめ、んなさ、あぁ、んゃ、おっぱ、っ…』




TH「ユンギヒョンばっかりずるい!」





JM「そうだよユンギヒョン〜」





YG「まってろ、って」





『ぁあ、っ!』






望んでないもののはずなのに。





身体は素直に求める。





嫌なのに。






TH「A、次は俺ね」





『ま、まって、テヒョ、っっ!!』





TH「俺は待つって言葉が嫌いなの!」






休む暇もなく奥を突かれて、身体を遊ばれる。





この人たちに待ってという言葉は通じない。





あくまでもオッパたちのペース。





私はそれに従う、従わなければいけない。





女としても、マンネとしても。









オシオキ 6→←オシオキ 4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (853 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4923人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS , ピョンテ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

テテLOVE - 更新待ってます!!!! 早く続きがみたいよーーー (7月10日 10時) (レス) id: 817c01a749 (このIDを非表示/違反報告)
グクLOVE - 私小6ですが心が興奮!ヤバイ/// (4月24日 20時) (レス) id: 596c2d9bf6 (このIDを非表示/違反報告)
あっき - 更新待ってます (2月22日 15時) (レス) id: 97a3e9bc9a (このIDを非表示/違反報告)
グク依存症 - もぅ最高 (1月29日 21時) (レス) id: c65c581ece (このIDを非表示/違反報告)
ふでごん(プロフ) - これ完全フラグですよねww (10月22日 12時) (レス) id: e9bff14b65 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:hyona | 作成日時:2017年2月25日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。