占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:143 hit

雨宿りのカクテル ページ1

今日は2月14日。
世間が色めき立つバレンタインデー。
だけど、私の予定は真っ白。
ネオン輝く不夜の町の片隅でひっそり構えるセピア色のバー。私はここでマスターをしている。

A 「雨...?」
ポツリポツリと降り始めた雨が厚いはめガラスの窓を叩く。
A「予報では言ってなかったのに」
幸い今日は客足も疎ら。早めに店を閉めようと準備を始めた途端、カランと小気味のいい音を奏でてセピア色の扉が開く。

?「今日はもう終わっちゃいました?」
がっしりした体格に外国人風の顔立ちをした青年が申し訳なさそうに尋ねる。
彼はー...。

A「え...いいえ、営業中ですけど。それより、貴方、悦利くん...?」

悦利「俺のこと知ってるの?」

A「当たり前でしょう!有名人じゃない!」
悦利くん。人気アイドルグループKA×RUのメンバーでコミカルなキャラクターで知られている青年だ。
なぜ、こんな寂れた場所に?

悦利「雨。突然降ってきたでしょう。傘持ってなくて。走って帰ろうかと思ったんだけど、ちょうどここが目について」
しっかりした肩幅、深い森のような緑色の瞳。
カッコいい、純粋にそう思った。

悦利「でも、ラッキーだったな。雨宿りもできるし、なにせこんな綺麗な人がマスターなんて」
キザなセリフもこのやたらと顔のいい男に言われると嫌な気持ちなんて微塵もしない。

悦利「おススメをもらえるかな」

A「え、わ、わかりました」
そう言われて私が作ったのはメロンボールだ。
メロンボールといえば綺麗なグリーンのカクテルだ。別にオススメではないのだが、悦利の目を見ていたら咄嗟に手が動いていた。

A「お待たせしました」

悦利「綺麗な色だね」
綺麗と言われて心臓が跳ねる。私に向けて言われたものではないとわかっていても。

悦利「これ、どうぞ」

A「え?」
悦利が差し出したのはたった今私が彼に出したカクテルだ。

悦利「知ってる?バレンタインで女の子が贈り物をするのは日本くらいなもので、海外は男が贈り物をする日として知られてるんだ。これ、俺をイメージして作った?俺の目の色と少し似てる」

A「無意識よ」

悦利「ねえ、こっちおいでよ。一緒に飲もう」

A「え?」

悦利「他にお客さんは来ないよ。ウェルカムボード裏返したから」

A「ちょっと!?何勝手に!?」

悦利「バレンタインだし、俺が貴方とこうして会ったのも何かの縁。どうか、一夜。この俺と付き合ってくれませんか?」

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している





目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅーま | 作成日時:2018年2月13日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。