占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:130 hit、合計:91,292 hit

三十五話 ページ35





『なんで、真冬さんはまふまふさんを辞めなければならないのですか?

やりたいなら、やればいい。それじゃ駄目なんですか?』



反応に困っていると、俺のことを見つめて、少し目を潤ませた。



『…私は、何も分からないです。

真冬さんがまふまふさんってことも、そんな悩みを抱えていたことも、今知りました。

だから、見当違いなことを言っているのかもしれませんが…


真冬さんは、曲を作っている時が、歌っている時が、一番キラキラしていて楽しそうです。

世間を気にしなければいけない。それは分かっています。

だけど、リスナーの方は…真冬さんが、苦しみながら歌っている曲を聴きたいとは思わない筈です。

世間を気にするよりも、楽しそうに歌って、皆に歌声を届けることが一番大切…じゃ、ないんですか?』


「…うん、そうだね。
そんな簡単なことなんだよ。なのに俺は出来なかった」



俺がそう言うと、スカートの裾から手を離し、俺の手を握った。

優しく、壊れ物を扱うように。



『何も知らないので、安っぽい綺麗事しか言えません。
でも、信じて下さい。

私や、真冬さんの周りの方は、何があろうと真冬さんの味方です。

だから…一人で、抱え込まないで。周りに頼ってください。

周りを傷付けたくない気持ちは分かります。
だけど…周りだって、真冬さんに傷付いて欲しくないんです』



ぎゅっと手に力が込められる。
…なんで、Aちゃんが泣いてるの。



『っ…真冬さんは、私の居場所になってくれるんでしょう?

私だって、必要ないかもしれないけど…真冬さんの、居場所になりたい。


だから…関係ないなんて、言わないで』


「…っ、ごめん」



堰を切ったように、Aちゃんの目から涙が溢れ出す。

涙を拭おうとすると、手で止められた。
ぐい、と乱暴に涙を拭って、Aちゃんは俺を見た。



『…もう、現実逃避はやめましょう?

このままじゃ、駄目です。
居心地のいいこの部屋から出ないと、私達は一生変われない。

家族とちゃんと向き合うから…真冬さんも、二人と、“まふまふ”と向き合って下さい…』


「…まふまふ」



振り向くと、二人も目を赤くしている。
…向き合う?どうやって?

何も出来ず、ただぽろぽろと涙を零していると、そらるさんが掠れた声で言った。



「…難しいことじゃない。たった、これだけで良かったんだ」




「___歌うことが、好きか?」




そんなの、決まっている。

俺は_____



僕はまふまふじゃない→←三十四話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
786人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鈴里風夢 | 作成日時:2019年2月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。