占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:7 hit、合計:70,444 hit

◆2 ページ3

どさ、と二つの音。

その前に聞こえてきたのは、人を殴るような音。

急に倒れた二人を見て顔を上げると

ついさっきも見た、狐目の外交官様。少し驚いている?


……って、え?


『お、おおおオスマン外交官様っ!?』

os「そんなびっくりすることめうか?ていうか様づけはやめてほしいめう。はずかしいめう〜」


『……めう?』

os「あ、気にしなくていいめうよ。
それより、大丈夫だっためう?」

『え?あ、はい。全然……
でもオスマン外交官さm……オスマン外交官さんが来ていなかったらちょっとやばかったかもしれません。なので、本当にありがとうございます』

os「それはよかっためう。

あと、オスマンでいいめうよ。いっそのことマンちゃんって呼んでくれても…」

『そっ!?そ、そそそれだけはっ!すみません!!
貴方のような方と話せただけでも満足ですうううう(´;ω;`)』

今オスマン外交官様と話せているということを思い出して、恥ずかしくなって逃げだしてきてしまった。
だって、オスマン外交官様ですよ?しかも憧れの我々国の…!
ひゃあああ無理ですううう僕は逃げますうう!!
必死で走っていた僕は、いつの間にか家までたどり着いてしまっていた。


体力はそこまでなかったので、息切れが激しく、肩で息をするしかない。

『ふぅ…

すごい人とさっきまで話をしていたんだなあ…自慢したいけど、どうせ信じてもらえないだろうなあ』

そんなことを考えながらのろのろと家の扉を引く。

そこには、夕飯の準備をしている母と、その母と仲良く話す父がいた。
どちらも大好きな優しい両親だ。

母「あら、A、おかえり。帰ってたの。そろそろ夕飯ができるわ。手を洗ってらっしゃい」

そういってふんわり微笑む母

父「おかえり、A。今日は王宮の方まで行っていたんだろう。疲れたろうから、さっさと母さんのうまい飯でも食って寝ようか。」

呼んでいた新聞をそっとたたんで僕の方へきて、頭をぽん、と優しくなでてくれた父。


『うん。ただいま!母さん、今日の夕飯はなあに?すぐに準備するから待ってて』

それに返事をする僕。
二人のやさしさに心が軽くなっていく。

いつのまにか外交官様と話していたことさえ忘れて夕飯を口にしていた。


―――
〜オスマンside〜

ふむ、

面白いものを見ためう。

とても弱そうな少年を見つけた。
どうやら金を要求させられているようだ。

助けようと思ったら、その少年は面白いことを口にした―

◆3→←◆1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
441人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ふゆ(プロフ) - 黒胡椒さん» わ、ありがとうございます…!励み、、(  1パターン目ですね、答えていただきありがとうございます! (3月28日 17時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)
黒胡椒(プロフ) - 面白いです!!個人的には1パターン目がいいですね,,,!!更新応援してます! (3月28日 16時) (レス) id: e2f590a1cb (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 阿月さん» 名前は違いますが作者のふゆです。コメントありがとうございます!励みになります〜。ありがとうございます! (3月5日 18時) (レス) id: 858145d989 (このIDを非表示/違反報告)
阿月 - 生徒会長の妹から飛んできました阿月ですう。も〜、好きです^ら^頑張ってください!!!!!応援してます^ら^ (2月23日 22時) (レス) id: b76d909f9d (このIDを非表示/違反報告)
ふゆ(プロフ) - 焔花さん» 男主の小説初めて読んで気に入っていただいたなんてすごく嬉しいです!!これからも頑張りますのでまた読みに来てください〜! (2月1日 20時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふゆ x他1人 | 作者ホームページ:ない  
作成日時:2020年1月19日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。