占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:70,493 hit

◆16 ページ17

しばらく歩くと、開けたところに出る。

…中庭?

すごく綺麗なところだ。

『わ、凄い綺麗…』

探していた花壇ではないが、それとは違う花壇を見つける。


これってなんだっけ、確かクリスマスローズとか…
こっちはツル性のクレマチス、


…おばあちゃんにお花教えてもらっておいて良かった、凄いポンポン名前が出てくる。

誰が育ててるんだろう、すっごく綺麗…

そんな事を思いながら、花を眺めつつまっすぐ前に進む。


すると、


?「いいかげんにしろやてめぇ!!」

?「うるせえわ!こちとら珍しく書類片付けようとしとったんにてめえのせいで集中力とんだわ狂犬チワワ!!」

?「なんやとこの煽りポメラニアン!!」



???

丁度草垣で見えない向こう側からそんな怒声(?)が聞こえてくる。

これ、やばいんじゃないかな…

そう思って草垣から顔を出すと、


茶髪でニット帽をかぶった人がホースを持って
金髪のサッカーユニフォームをきた男の人に水を掛けようとしている状況

???(本日二度目)

全く理解しきれずにいると、ネコの鳴き声が聞こえて来た。

声の方を見ると、真っ黒な黒猫。

そのまま向こうのホースを持っている人たちの方に歩いていく。

此処の飼いネコだろうか。



…そんなことはなさそうだ。
少し汚れてしまっているし、首輪もついていない。


もしかしたらあの人たちの方へ行ったら何かされるんじゃないのか、
そう思って猫に手を伸ばす。

すると、向こう側で「「あっ」」という声がする。

どうしたのかそちらを見ると、水の量を増やそうと思ったのか蛇口に手を当てる茶髪の人。
ただ手元が狂ったのかほぼ水鉄砲の勢いがありそうな…

えぇ…?(困惑)

その人は驚いてホースを手放す。

するとホースが暴れてそのままこっちに水が…

あ、やばい…!

猫だけは濡れないように、そう思って猫を抱き上げ覆うようにする。

『っ…!』

やはり予想通り水が体にかかる。

水はあっちにいた男の人が慌てたのか止めたらしく、もう音はしない。


そっと、黒猫を見る。

濡れているところはない。

『(よかった)』

あの量の水がかかってたら危なかった。本当に心の中から良かったと思っていると、後ろから足音が聞こえて来た。

◆17→←◆15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
438人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ふゆ(プロフ) - 黒胡椒さん» わ、ありがとうございます…!励み、、(  1パターン目ですね、答えていただきありがとうございます! (3月28日 17時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)
黒胡椒(プロフ) - 面白いです!!個人的には1パターン目がいいですね,,,!!更新応援してます! (3月28日 16時) (レス) id: e2f590a1cb (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 阿月さん» 名前は違いますが作者のふゆです。コメントありがとうございます!励みになります〜。ありがとうございます! (3月5日 18時) (レス) id: 858145d989 (このIDを非表示/違反報告)
阿月 - 生徒会長の妹から飛んできました阿月ですう。も〜、好きです^ら^頑張ってください!!!!!応援してます^ら^ (2月23日 22時) (レス) id: b76d909f9d (このIDを非表示/違反報告)
ふゆ(プロフ) - 焔花さん» 男主の小説初めて読んで気に入っていただいたなんてすごく嬉しいです!!これからも頑張りますのでまた読みに来てください〜! (2月1日 20時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふゆ x他1人 | 作者ホームページ:ない  
作成日時:2020年1月19日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。