占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:53 hit、合計:2,059 hit

変態登場 ページ2

「......やっとついたわね」


「ここまで長かったですね......」



海を越え山を越え、やっと辿り着いたこの街は相変わらず賑やかだった
初めて来た時とは違い、私の気持ちは沈んではいない
しかしマスカへの心配は変わらなかった
今の時期マスカは長期休暇で領主邸にいる、私は約束を取り付けてここまで来ることができた
私達は心配を胸に領主邸の扉を叩いた
出てきたのは1人のお手伝いさんであり、アイトの顔を見るなり慌てて頭を下げた



「お久しぶりでございますっ!アイト様」


「久しぶりだね、エイカ。こちらは僕と共に旅をしてくれているユリさんだ」


「よろしくね、エイカ。賢者をしているわ」


「......よろしくお願いします。こちらへどうぞ」



初めて見たアイトの普通に話す姿を珍しく思った
こんなに長く一緒にいるのに知らない面があるなんて、ますます燃えてしまうのは私が探求心の塊だからだろうか
アイトの隣を歩いていると、途中で執事と思われる人がアイトの案内を変わり私はエイカに別室に連れて行かれた
そしてこの部屋で待っているよう言われ、もう何十分が経過しただろうか
私がうとうとと船を漕ぎながら待っていると、カチャンと静かに鍵の音が響いた
目を擦りぼやけた視界に欠伸をしようとすると、私の頬に誰かの指が触れた
その瞬間、膨大な魔力を感じ私は思わずその手を叩いた
その姿を見ると鼓動の音がバクバクと鳴り響いて、冷や汗が背中を伝う



「......どうしてここにいるのよ」


「招待してくれたんですよ、マスカが。さて、共にティータイムを楽しみましょうか」


「マスカ......こんな状態で楽しめる訳がないでしょ?ティータイムなんてどこかのご令嬢とでもやっていればいいわ」



私がマスカの部屋に行こうとし立ち上がると、その腕を掴んでソファに身体を押し付けられてしまう
細い身体からは想像もできない力に抵抗することもできない
魔法も相殺されてしまい、高位魔法も使えないこの状況ではどうしようもなかった
私が溜息を吐いて抵抗しない様子を見ると満足そうに腕を離した



「紳士とは思えないわね、何の用?」


「貴方は珍獣ですから、仕方ないでしょう。紳士的にご招待しますよ」



そう言って手渡されたのは封蝋が付けられた便箋だった
この際封蝋の意味は無いものの、その公式的な便箋を見ると嫌な予感しかしなかった

招待状→←始まる冒険



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
214人がお気に入り
設定キーワード:異世界 , ファンタジー , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

砂糖丸(プロフ) - イアルさん» ありがとうございます!コメント嬉しいです、凄い時間を掛けてしまって申し訳ない限りでした......そう言って頂けると嬉しすぎます、ありがとうございます!┏〇 (11月9日 8時) (レス) id: c1639a6bbb (このIDを非表示/違反報告)
イアル(プロフ) - ん待ってました……!更新お疲れ様です、いつも素晴らしい物語をありがとうございます。 (11月8日 18時) (レス) id: dff6dfdeb1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:砂糖丸 | 作成日時:2019年11月8日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。