占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:588 hit、合計:413,160 hit

45:ジェラート ページ46

蘭ちゃん達は、テスト前になるとよくポアロで勉強しているらしい。

そういえばいつかのテスト前も会ったなと思いながら、今更やらなくても解ける数式をノートに書き進める。

今日からテスト期間。「小日向先生!数学講座やって下さい!」と鈴木さんに言われ、私達はポアロで勉強会をしていた。


「ねぇAちゃん、ここってなんでこうなるの?」

『えっと…この公式を変形させてるだけだよ』

「あ!ほんとだ!ありがとう!」


苦手な数学の問題を悩みながら進めていく蘭ちゃん。

無事に答えまでたどり着いたことを確認してから自分の問題に戻る。

と、そんな時、前方から視線を感じて顔を上げた。

前に座っていた鈴木さんとバチッと目が合う。

どうやら少し前から見られていたらしい。気が付かなかった。

…?どこかわかんないとこでもあったかな。

そう聞こうとしたが、しかし口を開いたのは彼女の方が早かった。


「蘭も世良ちゃんも気づいたら小日向さんのこと下の名前で呼ぶようになってたよね!?」

『「え?」』

「ずるい!私も小日向さんのことAちゃんって呼びたい!」


いきなりのその言葉に目を瞬かせる。

そういえば、鈴木さんとはまだ苗字で呼びあっていた。


「ね!私のことも名前で呼んでよ!」

『え、えっと、』


人懐っこい笑顔で笑う鈴木さん。

なんだか改まって言われると少し気恥しい。背筋を正して彼女と視線を合わす。

えっと…鈴木さんの下の名前は…

深呼吸してから、その名前を口にした。


『…っそ、園子ちゃん』

「うん!Aちゃん!」


小日向グループよりずっと大きな鈴木財閥の娘さんなのに、本当に良い子だなぁと素直に思った。

お金持ちが集まる場に連れていかれることは何度かあったけど、こんなに素敵なお嬢様はいなかったように思う。

この場が暑く感じるのは気分が浮ついたせいだろうか。

今日はそんなに気温も高くないはずなんだけど。

小さく息をついて解答を開く。

そして目に入った数字に、『あれ?』と首を傾げた。


「どうかしたの?」

『いや…答えが…』


自分の答えと解答の答えが違う。

おかしいなぁ…数学の問題で間違えることなんてほとんどないはずなんだけど。

しかもこんな高校用の問題集で…これ解答が間違ってるんじゃない?それか見るとこ間違ってたかな。

問題番号を照らし合わせて、間違いないことを確認してまた首を傾げる。

すると、私のノートを覗き込んだ蘭ちゃんが言った。

46→←44



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (432 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1252人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

カルビ(プロフ) - はい!降谷さん格好よく書けてます!!大好きです!!良かったらボードで話しませんか?降谷さん語りましょう!! (4月8日 16時) (レス) id: 36c4c5cb96 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 1さん» ありがとうございますー!続編でも頑張りますね!よろしくお願いします! (4月5日 21時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
1 - すっっっっっごいきゅんきゅんします!毎日楽しみにしてます。応援してます! (4月5日 6時) (レス) id: 1e43368747 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 泉夜 綴禮@tudureさん» わ〜!神作だなんてありがとうございます!!評価まで押して頂けてとっても嬉しいです!これからも精進できるよう頑張りますね!! (4月4日 20時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
泉夜 綴禮@tudure - これは神作ですね!一番右の星不回避です('-' (4月4日 19時) (レス) id: 4933786ec3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:立夏 | 作成日時:2019年3月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。