占いツクール
検索窓
今日:214 hit、昨日:1,608 hit、合計:408,194 hit

42 ページ43

かくかくしかじか殺人事件があってと降谷さんに説明すれば、私と彼が付き合ってることになってる理由も把握したのだろう。

彼はなるほど、と零してから答えた。


「そうですね、着信履歴を見ればわかると思いますが、確かに彼女は僕と電話で話していましたよ」

「合宿中にかけてくるなんて緊急の用でもあったのか?」

「実は合宿は明日からだと思ってたので授業中とは知らなかったんですよ。特に用があったわけでもなくて、ただ僕が声を聞きたくて」


キャー!!とまたしても背後で黄色い歓声が上がった。

勘弁してよ…

振られたばっかなのにこの仕打ち。自業自得だけど結構辛い。なんの為に髪を切ったんだか。

さすが降谷さんは柔軟に対応していてすごいな、と素直に感心する。

なんにせよ世良さんの疑いの目は私から外れた。

ちょうど警察が到着したのもあって、輪の中から抜けて場を離れ、繋いだままの通話に戻った。


『ほんっとすみません降谷さん…』

「いいよ、どういう経緯でこうなったかは想像つくし」

『夏休み明けには別れたことにしときますので』

「そしたら俺が蘭さんや園子さんに睨まれるからやめてくれ」


それもそうか。

なら皆の前ではしばらく恋人同士の振りをしなきゃなのか…喜んでいいのかなんなのか。


「それより事件の方は大丈夫そうなのか?」

『あー、いま別のところにいるのでどうだか…降谷さん解きます?状況説明しましょうか?』

「いや…世良真純がいるんだろ?なら俺の出る幕もなさそうだ」


それについては同感だ。そうですね、と返して部屋へと入る。

事件が気にならないわけじゃないけど、今のうちに終わらせたいことがあるのだ。


『降谷さん、さっき頼まれた案件なんですけど…』

「あぁ、どうだった?」


そこからは切り替えて仕事のお話。

パソコンを開いて伝えるべきことを伝えていく。

あらかたのことを話し終わり、「犯人確保されるまで気をつけろよ」という言葉で通話が終わった。


…さて、みんなの所まで戻るか。

携帯を仕舞ってパソコンを片付けてドアノブに手をかける。

しかし、私が開ける前にその扉は動いた。


「あ、ここにいたんだね小日向さん」

ドアを開けたのは世良さん。もしかして私のこと探してたのだろうか。


『どうかした?』

「うん、ちょっと頼みたいことがあって」


世良さんは探偵特有の鋭い目つきのままで言った。


「容疑者達の中に調べて欲しい人がいるんだ」

43→←41



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (430 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1261人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

カルビ(プロフ) - はい!降谷さん格好よく書けてます!!大好きです!!良かったらボードで話しませんか?降谷さん語りましょう!! (4月8日 16時) (レス) id: 36c4c5cb96 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 1さん» ありがとうございますー!続編でも頑張りますね!よろしくお願いします! (4月5日 21時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
1 - すっっっっっごいきゅんきゅんします!毎日楽しみにしてます。応援してます! (4月5日 6時) (レス) id: 1e43368747 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 泉夜 綴禮@tudureさん» わ〜!神作だなんてありがとうございます!!評価まで押して頂けてとっても嬉しいです!これからも精進できるよう頑張りますね!! (4月4日 20時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
泉夜 綴禮@tudure - これは神作ですね!一番右の星不回避です('-' (4月4日 19時) (レス) id: 4933786ec3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:立夏 | 作成日時:2019年3月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。