占いツクール
検索窓
今日:359 hit、昨日:796 hit、合計:411,647 hit

02 ページ2

『最近の降谷さん、あの毛利さんとこのガキンチョにえらくご執心じゃないですか?なにかあるんです?』

「…別に」


誤魔化すように目を逸らしてモンブランを口に入れる。

想像以上に甘くて一瞬動きを止めた。

Aの方はもう何個目かわからないケーキを食べている。よくそんなに食べれるな…

彼女は深く聞く気はないらしく、目を細めてストローを噛んだ。


『あの子どこか気に食わないんですよねえ。
いつも定期テストで私と張り合ってるいけ好かない男子と似たなにかを感じる』

「お前一位じゃないのか?意外だな」

『一位ですよ失礼な!同率なだけです!ていうか最近そいつ学校来てないんで正真正銘一位です!
だから逆に腹立つんですよ!どこで何してるんだあいつ!』

「俺に言われても知らねえよ」


とりあえず甘いものを与えておけば大人しくなるだろうと、その口にティラミスを押し付ける。

なんだか鳥に餌をやってる気分になってきた。

しかしAはまだまだピーチクパーチク鳴いている。


『あーあ、降谷さんの協力者は私だけだと思ってたのになぁ。ていうか公安の協力者の最年少は私だと思ってたのになぁ。小一にかっさらわれるとはなぁ』

「いやコナンくんに手伝ってもらったのはあの時だけで…」

『でもあの事件でのあなたの協力者は私じゃなくてあの子だったんでしょう』

「はいはい妬くなよこれくらいで」

『はー!?調子に乗らないで下さいそんなんじゃないで…っむぐ』


イチゴのミルフィーユでその口を塞いだ。

そろそろ周りの目が痛い。

俺たちってどういう関係に見えてるんだろうなぁ…兄妹にでも見えるのだろうか。


手元のアイスコーヒーの氷がカランと音を立てる。

その方へ目を向けたまま、彼女に言った。



「…心配しなくたって俺の1番の協力者はAだし、Aが思ってるよりも俺はお前を頼りにしてるさ」

『へ…』


大きな目が見開かれて、長い睫毛が数度上下する。

じわじわと白い頬に赤色が混じり出した。


…そんなに照れるのかよ。

想像以上の反応に言ったこっちが恥ずかしくなってきて黙って目を逸らす。

しかし、彼女は数秒置いてから一転、またじとっと俺を見つめた。


『…降谷さん』

「なんだ」

『面倒くさいなこいつって思ってるでしょ』

「はは、バレたか」

『あーもーやっぱり!私そんなにチョロくないですからね!』


頼りになる協力者は、俺より一回りも下の女子高生である。

03:マドレーヌ→←01:タルトタタン



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (431 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1257人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

カルビ(プロフ) - はい!降谷さん格好よく書けてます!!大好きです!!良かったらボードで話しませんか?降谷さん語りましょう!! (4月8日 16時) (レス) id: 36c4c5cb96 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 1さん» ありがとうございますー!続編でも頑張りますね!よろしくお願いします! (4月5日 21時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
1 - すっっっっっごいきゅんきゅんします!毎日楽しみにしてます。応援してます! (4月5日 6時) (レス) id: 1e43368747 (このIDを非表示/違反報告)
立夏(プロフ) - 泉夜 綴禮@tudureさん» わ〜!神作だなんてありがとうございます!!評価まで押して頂けてとっても嬉しいです!これからも精進できるよう頑張りますね!! (4月4日 20時) (レス) id: 4a977019e9 (このIDを非表示/違反報告)
泉夜 綴禮@tudure - これは神作ですね!一番右の星不回避です('-' (4月4日 19時) (レス) id: 4933786ec3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:立夏 | 作成日時:2019年3月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。