占いツクール
検索窓
今日:382 hit、昨日:243 hit、合計:337,176 hit

37話 ページ40

Aside





LIVEがついに始まった。

歌いながら舞台へと立つそらるさん。

途端にハッとする。

なんで彼方みたいな声がするのかとよく目をこらす。

最初は誰か分からなかった、でも、段々と見えてきて気づく。


「かな、た…。」


勿論LIVE中にその声は誰にも聞こえずに消えていく、けど声に出さずにはいられなかった。

なんで彼方が歌い手という仕事をやっていて、LIVEをするほど人気なのか。

声を巧みに使いながら、ファンを興奮へと連れていくその姿を見ながら、手を伸ばしそうになる。

低くて、でも高くて、そんな矛盾している歌声に惹かれる。

あぁやばい、カッコよく見えすぎて。

今の彼方は、そらるさんでもあるんだな、なんて。


凄く遠く感じたけど、同時に尊敬出来ると思った。

確かに音楽関係の仕事をしているとは聞いていたけれど、まさかこんなにも人気だったなんて。


1曲を彼方は歌い上げ、次の曲が始まる。

その時に、少しペンライトを振ると、彼方と目が合った。


「ありがとうA。」と彼方は口パクで言い、ニッコリと笑った。

私の周りのファンが叫ぶ中、あまりのカッコ良さに頬を上気させる事しか出来なかった。

38話→←36話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (225 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1003人がお気に入り
設定キーワード:そらる , 歌い手 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

彩華 - 何この神作品!私が書いてる小説とは全然違う...!良かったら私の小説読んd))))) 殺人犯との鬼ごっこっていう名前だy)))))←宣伝するな (8月22日 18時) (レス) id: e742c3b57e (このIDを非表示/違反報告)
- りっちゃんさん» こんな気まぐれに書いた作品を読んで頂きありがとうございますw (8月19日 22時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
りっちゃん(プロフ) - ああああ!!なんで高評価って一回しか押せないんだあああ!!!(うるさくてごめんなさい) (8月19日 16時) (レス) id: 75e3c0ea04 (このIDを非表示/違反報告)
- 狂鬼さん» 先を書いてきます…w (8月19日 16時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
狂鬼(プロフ) - 飴さん» お?またまたいい展開だ。あまちゅ56されねぇかなそらるんに…← (8月19日 16時) (レス) id: b1fcaf3ab6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年8月5日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。