占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:35 hit、合計:109,492 hit

2* ページ3

A「彼方さん今忙しいから仕方ないじゃん…。」




真冬「じゃあ、僕が…」




A「真冬だって忙しかったでしょ?」




そう言うとそうだけど…とちょっとだけ拗ねる真冬。




真冬「彼方さんの声ずっと聴いてるのやだ。」



そう言ってまた首に顔をうめる真冬。



くすぐったいけど、それよりも、



”可愛い”なんて言葉が出そうになる。



だめだ、だめだ。



可愛いは真冬には禁止ワード。




真冬「…なんでそんなに笑ってるの?」




A「わ、笑ってないよ?」




じっとこっちを見つめる真冬。



やばいやばいやばい…



真冬「まさか、僕のことからかってるの?



  そらるさんのMIXしてるし…」



A「からかってない!私はただ、可愛いって思っただけで...!?」



急いで弁解すると、要らない言葉まで付いてきてしまったことに



後で気づく私。




真冬さん、怖いです。



_______________

二票の最低評価ありがとうございます。

文才がないのに書いてごめんなさいって感じですね。

文才がないのは事実ですので、

評価はご自由にお付けください。

どのような評価になっても、

クズはクズなりに頑張るだけですので。

3*→←1*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (493 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
883人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手 , うさぎ系彼氏   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*かくしごと* | 作者ホームページ:https://twitter.com/nnkauratuku  
作成日時:2018年1月8日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。