占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:8,584 hit

第30話「驚き」わいんれっど ページ30



 驚いた。とても驚いた。醂さんが俺の頭に触れたその瞬間、俺の意識はそこで一旦途切れた。そして意識が戻ると、みんな俺と醂さんを鳩が豆鉄砲食らった様な顔をして見ていた。見ていた皆も何が起こったのか分からないような顔。当の本人である俺でさえも何が何だか分からない。でも、それが醂さんの能力なのは分かった。意識を切断する能力、か……
 俺がポカンと呆けていると、雪彦さんが真っ先に声を掛けてくれた。紫の透き通った瞳が俺の顔を除き込む。肩を掴んだその手は、とても優しかった。

「無事か、鋼。どこも異常は無いか」
「雪彦さん、だーいじょうぶだよー! ボクが信じらんないー?」
「大丈夫、雪彦さん。何とも無いし、いやまあ、急な事だったから何が起こったのか分からなかったけど」

 新しく来た人達の能力紹介も終わり、次は俺達の番が来た。注目の的になるのはあまり好きじゃない。

「俺の能力はメタルキャット。簡潔にまとめると……金属を食い千切る猫になる。摂取した金属は鎧として腕……どちらかと言うと手かな。首、足に発現するよ。こんな風に……ね」

 能力を発動してみせる。すると皆の目に興味の輝きが見えた……様な気がした。耳と足が猫のものに変わり、細長くしなやかな尾が生える。特に女性陣に受けが良いのかな。女の子達がより一層にっこりと笑った気がする。
 そしてポケットから、家を出る前に部屋から持ってきた鉄の破片を取りだし、それを口の中に入れた。鉄の味がするなあ。当たり前だけどね。美味しくはないね、やっぱり。破片を飲み込みしばらくすると鎧が発現し始める。食べた量が少ないから厚みも薄くなってるけど、重たい。

「で、この状態で鉄を食べると、鉄製の鎧が出来上がるって訳だよ。食べた金属は何故かどっか行っちゃうみたい」
「へえ……攻にも守にもなるんだな。汎用性が高そうだ」

 誉められた……のかな。今までそういうのは無かったし、ちょっと。嬉しい。誰だったっけ。えっと……

「ありがとう。えっと、桐斗くん……だよ、ね?」
「あ、覚えててくれたんだー。ありがとね。嬉しいよ猫田」

 合ってたらしい。良かった、間違えてたらどうしようかと思った。
 俺の紹介が終わったから、次は必然的に雪彦さんだ。皆の視線が自然と雪彦さんに集まった。

第31話「今昔」わいんれっど→←第29話「無理しないで」エリー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 学園 , 恋愛 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SHEI☆(プロフ) - こんにちわ (2月10日 19時) (レス) id: 7a40cd812c (このIDを非表示/違反報告)
八月 葉月(プロフ) - 更新します。 (2017年11月28日 17時) (レス) id: 4d1da3eba3 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - 終わりましたっ (2017年11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - ちょっと修正してきますっ (2017年11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
わいんれっど(プロフ) - 修正終わりました。(とりあえず報告) (2017年11月19日 20時) (レス) id: 43754a1210 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:殺人鬼少女・エリー x他9人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/  
作成日時:2017年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。