占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:7,471 hit

第16話「空から降ってきた」桐島蓮 ページ16

シアノside

下手くそな鼻歌を歌いながら、学校に登校する。学校の敷地内もかなり広く花壇まであった。

「お花だ〜!!」と思い走って近づくとその声と被さるように「毛虫」という悲鳴が上から聞こえ、顔を上げてみると空から人が降ってきたのだ。

普通の人ならその【降ってきた人】を心配するだろうが違った。彼女はその人が落ちてくるであろう花壇に咲いている【花】の心配をした。

植物をこよなく愛す彼女にとって人間の尻で植物を踏み潰されるなど許されることではない。

シアノは持ち前の運動神経と怪力で【空から降ってきた人】を抱える。勿論重いとも何とも感じてない。女の子が姫抱っこしてるなんて誰が想像するだろうか。

空から降ってきた人を花壇から離れた場所に降ろすと「ありがとう!!」と言われた。感謝とかあまりされたことのない彼女は、少し照れくさそうに「えへへ〜、お花さん無事だったから良かった」と言うと。チャイムがなり始める。

「おぉ、もうこんな時間なのか〜急ごう、急ごう」と冷静なシアノとちょっと慌てる彼女。
「どっちが先に着くか競争だ〜」と言い、先をシアノが走る。彼女も運動神経が良いのか同じくらいのペースで走って並ぶ。楽しくて自然と笑顔になった。正直入学とか友達とかいろいろと不安面があったがそれもなくなっていた。

第17話「枯れ果てたイメージ」桐島蓮→←第15話「風使い」たま



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 学園 , 恋愛 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

八月 葉月(プロフ) - 更新します。 (11月28日 17時) (レス) id: 4d1da3eba3 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - 終わりましたっ (11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - ちょっと修正してきますっ (11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
わいんれっど(プロフ) - 修正終わりました。(とりあえず報告) (11月19日 20時) (レス) id: 43754a1210 (このIDを非表示/違反報告)
わいんれっど(プロフ) - 修正しまっす……誤字っていたので…… (11月19日 20時) (レス) id: 43754a1210 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:殺人鬼少女・エリー x他9人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/  
作成日時:2017年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。