占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:7 hit、合計:8,595 hit

第2話「朝」わいんれっど ページ2



 新学期が始まる朝。まだ重い瞼を擦りながらベッドから体を起こすと、キッチンの方から良い匂いがしてきた。今日は目玉焼きとトーストかな。それともご飯と味噌汁だろうか。

「鋼、朝食が出来るぞ。起きろ」

 キッチンから、いつもの声が聞こえた。俺と同じ部屋で過ごしてる、先輩の声が。俺は急いで寝間着から制服に着替え、寝癖も整えてからダイニングへ走った。席に着き机の上を見ると、今日の朝御飯はパイの様な、見たことのないものだった。少なくとも日本食ではないことが分かる。

「……何これ」
「フィンランドの朝食でよく食べられているものでな。カルヤランピーラッカという、リゾットをライ麦で作ったパイ生地に乗せて焼いたものだ」

 ふーんと一言、興味無さげに呟いてそのカルヤなんちゃらかんちゃらとか言うものを口にする。すると流石料理上手。初めての料理にも拘わらず、塩とバターが入っているのにまったく塩辛くない。とても美味しかったので、出された分を一気に平らげてしまった。

「どうだった?」
「美味しかった」

 雪彦さんは「そうか」と言って、コーヒーを一口啜った。

 一日が始まる、この穏やかな朝が、俺は一番好きなんだ。


「そろそろ行くか。今日から新学期だな」
「うん。行こう」


 俺はあなたの背を追い掛けた。新学期への不安を吹き飛ばしてくれる、あなたの勇ましい背中を。

第3話「初めて」きししん→←第1話「新学期」 エリー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 学園 , 恋愛 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SHEI☆(プロフ) - こんにちわ (2月10日 19時) (レス) id: 7a40cd812c (このIDを非表示/違反報告)
八月 葉月(プロフ) - 更新します。 (2017年11月28日 17時) (レス) id: 4d1da3eba3 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - 終わりましたっ (2017年11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
桐島蓮@新しい垢(プロフ) - ちょっと修正してきますっ (2017年11月20日 11時) (レス) id: ee89f7f761 (このIDを非表示/違反報告)
わいんれっど(プロフ) - 修正終わりました。(とりあえず報告) (2017年11月19日 20時) (レス) id: 43754a1210 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:殺人鬼少女・エリー x他9人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/  
作成日時:2017年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。