占いツクール
検索窓
今日:180 hit、昨日:219 hit、合計:155,550 hit

2 ページ2

「ジミニヒョン、筋トレ手伝ってください」

JM「いいよ」

「おんぶしてもいいですか?」

JM「わーい 高い!高い!」

楽屋でもジミニヒョンをおんぶして足を鍛える作戦。
このままスクワット、といきたいとこだけど
全然無理だから楽屋を歩き回る。

JM「楽しいー」

TH「あ、いいなー俺も乗りたい」

「じゃあ交代ですね」

JM「えーアンデェー
もう少し乗りたかったのに…ちぇっ」

テヒョニヒョンの方がジミニヒョンより重いし背もあるから、少し持ち上げる時にヨロついたけど
なんとか持ち上げられた。

ジミニヒョンが、テヒョニヒョンをおんぶしてる僕の写真を撮ってSNSにあげた。

@bts.official☑
新しい乗り物

画像 画像


翌日も僕の筋トレは続く。
近くに居たのはユンギヒョン。

「ユンギヒョン、おんぶさせてください」

YG「はぁ?」

「鍛えてるんです僕」

ユンギヒョンの前に膝まづいて背を向けたら
首に白い腕がまわされた。

「ダメだ。ヒョンは軽すぎた
もっと重い人探さないと」

YG「なんだよ。
じゃあジョングガに頼めば?」

「ダメです。あいつは最終目標なので。
ナムヒョンに頼もうかなぁ…」

YG「デカイお前がナムジュンなんか持ち上げたら天井に穴があく。やめろ」

「そっかぁ…じゃあ腕鍛えるんで乗ってください」

YG「わかった」

腕立て体制の背中にユンギヒョンが座って
携帯をいじっていた。
背中に乗りながらセルカをしたようだ。

@bts.official☑
快適な椅子

画像

YG「お前、なにを目指してんの?」

「ジョングギを軽々持ち上げるくらいのナムジャになります」

YG「なんだそれ 笑」

3→←マッチョ計画



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (196 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1252人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽん(プロフ) - めぐぅさん» 読んで頂きありがとうございます!続編放置してますが、また書く事があれば読んで頂けたら嬉しいです^ ^ (7月30日 6時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
めぐぅ(プロフ) - 久々に泣いてしまいました。主人公くん声治ってよかったア゙ア゙ア゙(´TωT`)ぽんさんのお話好きです。ファンになりました!! (7月30日 0時) (レス) id: 55ae91ea54 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - あめこさん» 私の中の黒いホソク氏妄想にお付き合い頂きありがとうございます笑 更新がんばります! (6月9日 17時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - アリアさん» リクエストありがとうございます! (6月9日 17時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
あめこ(プロフ) - ホソクさんの黒い部分が私の性癖にぶっ刺さりました(笑)ちょっと色っぽいのがめちゃくちゃ好きです……。更新頑張って下さい! (6月9日 16時) (レス) id: 770596a935 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽん | 作成日時:2019年6月3日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。