占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:264 hit、合計:46,705 hit

よく頑張った ページ7

向井side




向井「おい、A大丈夫か?!」




室「はよ水飲め」




大西「Aちゃん………」




西畑「姉ちゃん、早く休もう。医務室行こ!」




「………うん、ありがとう。でも…私のせいで練習の時間が…」




室「あほかお前は。こんな時までみんなの心配とかそんなんええねん。ほら、立てるか?」




「……ごめ、んなさい…立てそうにないです、」




室「ほな、俺の背中乗って」




「……ありがとうございます、」




そうして俺たちはAを医務室に連れていった




「……あ、の、文一くん…」




浜中「あー?」




「……ほんまに、ありがとうございます、」




浜中「……ほんと手のかかる奴だよなお前は」




「……ふふっ もう私なんか子供じゃないのにね。ほんま、ごめんなさい」




浜中「………俺らにとっては、おぎはずっと子供なんだ」




「………」




浜中「少しは頼ってみたらどうだ。お前の周りにはもうお前のことを認めてる奴しかいねぇんだからよ」




「…んふふ そう、ですね」




浜中「…………よく頑張った」




「……っ、」




爐っと文一くんは、私のことをまだ認めてくれてないんやないかな…瓩函∩蠱未望茲辰討たときがあった


でも、文一くんはもうずっと昔からAのことを認めていたんだ


Aが20歳になった時に、兄組がAに送った手紙にきっと、文一くんはそのようなことを書いたはず。

Aが、私の勘違いやったみたいって嬉しそうに言っていたから。





だから、今日も文一くんからの、爐茲頑張った瓩論┐嬉しかったんやと思う。


龍太くんの背中に顔を埋めているが、口角が上がってるのが見えたから




.




.





そしてついに松竹座初日。




席は埋まるのか、その不安は幕が上がったのと同時に消え去った






たくさんの人が、笑顔でこっちに手を振ってくれた









………なんだ、俺らってまだ終わってなかったやん








頑張ろう。



ファンの人たちのために俺らは辛くてもここに居続けなきゃならないんやから




どんなことにも負けてたまるもんか

はじめまして、Snow Manです→←ただの嫌がらせ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (103 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4101人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しょうのん。()(プロフ) - 美紀さん» コメントありがとうございます!嬉しいです。頑張ります!美紀さんもコロナウイルスに気をつけてくださいね(;_;) (9月29日 1時) (レス) @page12 id: 90e59fc0fe (このIDを非表示/違反報告)
美紀(プロフ) - SnowMan大好きです亮平君と翔太君と涼太君寄りのオール担当です最高です更新大変だと思います頑張ってください応援してますコロナウイルスに気をつけてくださいね (9月18日 10時) (レス) id: e19dcb272d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しょうのん。() | 作成日時:2021年9月15日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。