占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:117 hit、合計:38,136 hit

魅惑の旋律 吸血鬼エリート…9 ページ28

A「あっ…何て力なの…」

締め上げられ足が宙に浮き、抵抗が出来なくなっていた

鬼太郎「っ…A」

エリート「フッ…驚いたかね?私の音響催眠術は人間を意のままに操るだけでは無く、潜在能力を極限まで引き出す事が出来る」

斗真はAを閉めながらゆっくり歩き周りから捕らえられていた少年達が何処からともなく現れ、数名が鬼太郎を取り押さえ、残りがAの方へ行く

エリート「鬼太郎、A姫、お前達は罠に嵌ったのだ。斗真は餌だよ。わざと逃しお前達に守らせた」
鬼太郎「如何してそこまでして僕やAを…」



エリート「お前達が幽霊族と九尾族の末裔と生き残り…エリート中のエリート。しかも人間の味方をする鼻持ちならない奴等だからだ!鬼太郎、お前はA姫が側に居れば居る程強い、人間は弱い…だが、A姫を引き離し、数を集めれば如何だ?こうやって私は今まで邪魔者を排除して来た!


そうして恐れられる事で私はエリート妖怪としての絶対的地位を手に入れたのだ。だが、鬼太郎…お前はA姫と共に人間の為に妖怪を倒し、あろう事かバック・ベアードまでも退けこの国を救った…私は嫉妬したよ。いや憎んだ!だからお前を倒し、A姫の血を吸う事で私こそ真のエリートなると世界中の妖怪に知らしめてやるのさ!!!」

魅惑の旋律 吸血鬼エリート…10→←魅惑の旋律 吸血鬼エリート…8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SARASA - 嬉しいです。ヘ(≧▽≦ヘ)♪ 是非作ってください。お願いします(*ゝ`ω・) (6月3日 2時) (レス) id: 05fe82c2f4 (このIDを非表示/違反報告)
勿忘草(プロフ) - SARASAさん» コメントありがとうございます!本当に嬉しいです(*´ー`*)短編集でしたら更新が遅いですが作っていますので宜しければ是非!(`・ω・´) (6月2日 21時) (レス) id: d96a732bee (このIDを非表示/違反報告)
SARASA - 鮮血の貴公子ラ.セーヌとても面白かったです。(^ー^)想像してたのと同じでとても嬉しかったです。できなければ良いのですが、短編集とかできませんか?とても面白い作品なので、ぜひ短編集をつくってほしいです。(*´∀`) (6月2日 20時) (レス) id: 05fe82c2f4 (このIDを非表示/違反報告)
深雪 - 13話しゅじんこうのきもの、どこまでぬげたのか、わかりません。 (6月2日 9時) (レス) id: 8e88cca1a9 (このIDを非表示/違反報告)
勿忘草(プロフ) - 深雪さん» 説明不足ですみませんでした。説明に追加しておきました…( ̄▽ ̄;) (6月2日 8時) (レス) id: d96a732bee (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年5月2日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。