占いツクール
検索窓
今日:208 hit、昨日:106 hit、合計:51,009 hit

なりすましのっぺらぼう…4 ページ48

A「本当に行かなくて良かったの?」
のっぺらぼう「うん…きっとおいらの事は見えないままさ。おいらはゴーゴー万次郎としてレインしているだけで良いんだ」

敦「やっぱり君は偽物だったんだな!?」

鬼太郎「敦さん」

敦「そっちが本物の万次郎さん?」
のっぺらぼう「あっくん、おいらが見えるのか!?」


のっぺらぼうが驚いて振り向く…すると、素顔が無く逆に驚く敦

敦「うわぁぁ!お化け!!な、何なんだお前は!」
のっぺらぼう「分からない?ほら、おいらは…」
敦「お前が本当のレイン相手!?僕を騙していたんだな?僕を食べるつもりだったのか!!」

のっぺらぼうは敦の言葉にショックを受け近寄ると、来るな!とリュックで両頬を殴られてしまい倒れる

鬼太郎「のっぺらぼう!」
A「大丈夫?」
猫娘「こらー!!」

逃げた敦に怒鳴った猫娘

のっぺらぼう「あっくん…」


慌てて逃げた敦はユニットを組んでいる悠と偶然会い、車に乗せて貰う事になった

悠「妖怪に食われる?そこまで動転する程、社長と俺にキツく言われたのがショックだったか?」
敦「いや、そうじゃなくて…」
悠「良いから良いから。もう気にすんな。このまま家まで送ってやるよ」

敦「あぁ…」

悠はオーディオを掛けた

なりすましのっぺらぼう…5→←なりすましのっぺらぼう…3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
92人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年2月2日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。