占いツクール
検索窓
今日:177 hit、昨日:354 hit、合計:32,730 hit

●厄介者 ページ6

.






『宗、ちょっといい?』

斎宮 「ああ、君か」

『失礼しまーす。あれ、みか居ないの?』

斎宮 「影片ならまだ来ていない。それで、僕に用があるんだろう?」

『ごめんごめん、そうだった』











放課後、衣装について相談があって手芸部を訪れると、宗はわざわざ作業していた手を止めてくれた。



いつも居るみかは現在不在である。HRが長引いているのかもしれない。彼がいないのは何とも違和感があるなぁと心の中で静かに思った。





それで、宗に本題であるKnightsの新しい衣装を見てもらうことになった。コンセプトは決まっているが、細かいところが何かしっくりこない。


悩んでいても考える時間が長くなるだけなので、同クラの宗を頼ることにしたのだ。


普段つっけんどんとしているが、3年の付き合いとなると、宗は私と無闇に距離をとる事は自然と無くなっていた。









斎宮 「ここはもう少し緩くした方が全体的に映える。あと、ここの色はもう少し明るい方がいいだろう」

『あ、なるほど。…………うん、分かった、ありがと』

斎宮 「ふんっ、このくらい当然なのだよ」

『ツンデレかよ』

斎宮 「何か言ったか?」

『なにも』








流石は手芸部部長。アドバイスが的確且つ素晴らしい。お礼を言い席を立つと、何やら廊下が騒がしい。なんだろ、足音?






? 「__________!!!」

『げっ、この声は……』







まずい、と本能が警報を鳴らしている。ここから出るとアイツと鉢合わせてしまう。ここに隠れるか?いや、それは宗が嫌がるしああああああどうしよおおおおおおおお。







三毛縞 「Aさあぁーーん!!!!!」

『こっち来んな!!!!!』






バンッと扉を開けて中に入ってきたのは、これまた同クラの三毛縞斑。こいつは何かと私を追っかけては大きい声で名前を呼ぶはた迷惑な奴だ。


今まで何回こいつから逃れるために全力疾走したことだろう。考えるだけでゾッとする。






三毛縞 「どこにいたんだ?!探したんだぞ!!」

『こっち来んなこっち来んなああああ!!』

斎宮 「ノンッ!!!!うるさいのだよ!!!!」







余程騒がしかったのか、二人まとめて部室から追い出されてしまった。


宗、ごめんよ。そして三毛縞、お前後で覚えてろよ。







.

●砂糖と塩#1→←●ご執心



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
263人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , あんさんぶるスターズ , 愛され   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ティー(プロフ) - Momoさん» うわ!盛大に間違えてました!!!すみませんありがとうございます!!!! (12月17日 15時) (レス) id: 044bba1da0 (このIDを非表示/違反報告)
Momo(プロフ) - 1話のもうちょっとの話嵐ちゃんの漢字間違えてますよ!鳴神ではなく鳴上です! (12月17日 13時) (レス) id: ac29c910ac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ティー | 作成日時:2019年12月13日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。