占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:10 hit、合計:48,641 hit

玖話 ページ18

紙に書かれた中央五階に辿り着けば、予想通りアポ無しでは幹部部隊以上しか入ることの出来ない幹部専用の部屋の階だった。

「いやいやいや、ええ?」

と唖然としていると、オレンジ色のTシャツを着た見覚えのある人にあった。

「あれ?ここ、幹部の階層だけど…あ!もしかして君がAくん?」
「はい!」
「へぇー。ここに来たってことはグルッペンの通り幹部候補なんやな。あ、俺はロボロや。基本は城で監視役やけど偶に戦場に出たりするからそん時はよろしくな」
「はい、よろしくお願いします 」
「あ、敬語は砕いてええからな。あとこれ、グルッペンに言われて作っとったやつ。使い方は分かるか?」

そう言って渡されたのは黒い桜がモチーフのインカムだった

「いいんですか!?」
「おん。グルッペンが言ったってことはキミも俺らの仲間やからな。それに、リドラの軍人を5対1で倒したって聞いたから実力もありそうやしな」
「ありがとうございます!」
「ほんじゃあ、また後でなー」

と去っていった。まさか、また会えるとは…まあ、俺が過去に来たから相手は知らないんだけどね。


「それでも、やっぱりまたお前と会えたのは嬉しいよ…ロボロ」


ーーー


「ん?なんや。名前呼ばれた気がしたんやけど、聞いたことない声にしては懐かしい気がしたんやけどなぁ…まあ、ええわ。早いとこ向かうか」



ーーー

黒い扉の部屋の前で来れば確かにそこには自分の名前が書かれた名札がかけられていた。

「本当にここで生活するのか」

そう言葉が出るほど1人で済むには十分すぎる環境がそこには整っていた。


ここの一般兵は下級兵が4人、上級兵、幹部部隊兵が2人と言うふうに部屋が別れている。

1人部屋なのは幹部と幹部候補だけになる訳だ。

部屋が別れている、と言っても広さはちゃんと確保されているしプライベート空間もある程度は保証されているので、他の国より何倍も待遇はいい方なのだ。


「とりあえず、小屋から荷物を運ばないと…」




数時間かけて荷物を全部移動し終えた頃には完璧な自室へと変化していた。



自室にあったキッチンで紅茶を入れて休憩しているとノック音が聞こえる。

「はい?」

と返事をすればドアが開かれ、そこにはトルコ帽を被った糸目の人がいた。


「お、いたいた。君がAくんやろ?」
「もしかして、オスマンさんですか?」
「そう!んじゃ、突然で悪いけど着いてきて」
「え、あ、分かりました」



なにかあるんだろうか?

拾話→←捌話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
396人がお気に入り
設定キーワード:我々だ , wrwrd , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋咲朱音(プロフ) - ケト。さん» コメントありがとうございます!ケト。さんの言う通り嗤うマネキンが題名やプロットの元ですね。まあ、関係無くなりつつありますけどね。一応、その歌の要素も取り入れて書きたいと思ってますので、随時更新をお待ちください。 (3月14日 9時) (レス) id: b92b6f4b64 (このIDを非表示/違反報告)
ケト。(プロフ) - すごい面白いです……!更新楽しみです!思ったのですが、GUMIちゃんの嗤うマネキンって曲が元なんですか?違ったらごめんなさい! (3月13日 18時) (レス) id: 522e4f0622 (このIDを非表示/違反報告)
緋咲朱音(プロフ) - ロアさん» コメントありがとうございます。ネタが思いつく限りは頑張りたいと思います。続編が行くまでは頑張りたいと思いますので、これからもこの作品をよろしくお願いします。 (3月13日 9時) (レス) id: b92b6f4b64 (このIDを非表示/違反報告)
ロア - 更新頑張ってください。応援しています。 (3月12日 21時) (レス) id: 7b614107d9 (このIDを非表示/違反報告)
緋咲朱音(プロフ) - ラキさん» あ、ありがとうございます!不定期ですけど更新頑張りますね! (11月21日 8時) (レス) id: b92b6f4b64 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋咲朱音 | 作成日時:2018年11月19日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。