占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:49 hit、合計:6,491 hit

6 ページ8

レイ「我々ハ人類ヲ裁ク。
私達二モ分カルワケガナイデス。
シカシコレガ何カノ前兆ダトスルト、
ココハモウ...危険デス。」

彼女は無表情で言ったが
少しだけ寂しそうな顔をしていた。
そして彼女はみんなにこう言った。

レイ「...今カラ
ヒーローヲ呼ビマス、
ソシテ...皆サン今スグ二
ログアウトヲシテクダサイ。
モウ、近イデス!」

突然モニターの画面にヒビが入り、
明るかったホームは暗くなり
至る所に変なモノが沢山いた。
辺りは騒動を起こし
何百人も変なモノに取り憑かれ
機能を停止した。
すると停止したアバターから
個人情報が散乱した。
そして、そのデータを破壊した。

次々とログアウトをしていくのを
見て、彼女は目を見開いていた。

レイ「...コンナノ、
クロノスジャナイデス!」

そう呟くと彼女は
長い袖から透き通った水色の
鋭い爪出てきた。

レイ「私ノ縄張リカラ...消エ去レ!!!!」

勢いよく飛び出し
長い爪を変なモノに突き刺した。
すると変なモノにできた傷口から
色んなデータが飛び出た。

あす「あれは...ここの情報か...!?」

cutter「そんな馬鹿なことがあるわけない!
ここのサーバーは何万個のキーで
情報が守られていて、
例え実力のあるハッカーも
お手上げ状態だった暗号が
簡単に出来るわけがない!!」





「それが出来るハッカーは
AIしかいない、例え人間がやったとしても
何十日もかかる仕事だ。」

白いフードが付いた衣装を着て
特徴的な大鎌を持った
アバターが来た。

7→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
設定キーワード:名前変換オリジナル , ゲーム , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白髪のハサン - 次回が楽しみですな( ^_ゝ^)ニッコリ (5月21日 1時) (レス) id: 07cb793b89 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:屍人 | 作者ホームページ:http://kurokotan  
作成日時:2017年5月19日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。