占いツクール
検索窓
今日:206 hit、昨日:148 hit、合計:97,121 hit

7 ページ8

「その通り、よく出来ました」


着席を促されて、僕はそっと静かに席へ着く


「さて、幼稚舎でも優秀な成績を納めてきたであろう皆さん」


先生の言葉に、いつもはふざけたように騒いでいるクラスメイト達も、誰もが皆、真剣な表情で顔を上げた




「貴方達は、選ばれし者です。この中の誰かが、再来年にはアポロの為に歌うことになるでしょう。アポロのことを想い、心を込めて歌う。この先一年のこの国の平和と発展の為に。・・・とても大変な御役目です」




先生はそこで、一人の名前を挙げた


それは、昨年アポロの為に唄を捧げた人の名前

この学校の生徒はもちろん、国中どこを探しても、その名を知らない人はいないだろう




「彼もまた、この学校に三年間通っていました。貴方達の多くは貴族の出でしょうが、彼は騎士の家系の生まれです。日々鍛錬に努めていた為、学校に来るまでは読み書きも殆ど習った事はありませんでした。ですが、血の滲むような努力の末に、あの場所に立つ権利を勝ち取ったのです」


もう時間ですね、と呟くと、先生は教科書をぱたりと閉じた


「何の為に歌うのか、どんな想いを曲に乗せるのか。それが分からない者に幾ら教えを説いても、意味は無いでしょう。ここでは出自など一切関係ありません。他人を貶めるようなことしか能の無い愚か者は、この学校には不要です。・・・それでは、今回はここまで。次の授業の時には、しっかり予習をしてきてくれることを期待しています」


先生が閉めた扉の音と遠ざかる足音が、静まりかえった教室に重く響いた

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (219 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
361人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅり(プロフ) - きよさん» きよさん、コメントありがとうございます! 翔くんについつい辛い役回りをさせてしまいがちで、申し訳ない限りです。 やっとこさ移行が完了しましたので、是非またお立ち寄りいただければと思います(*^^*) (9月22日 18時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
きよ(プロフ) - しゅりさん、お疲れさまです。お話し楽しく読ませてもらっています。翔くん健気すぎますね。身代わりになったとき智くんの気持ちを思うと辛いです。ハッピーエンドになると嬉しいですが、続きを妄想しながら更新お待ちしています。 (9月19日 14時) (レス) id: ae2dee5c90 (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - あかりさん» あかりさん、コメントありがとうございます!一応金曜日頃までは更新予定ですので、引き続き足を運んでもらえたら嬉しいです(*^^*) 数日お休み頂いたら、また毎日更新頑張ろうと思いますので、是非楽しみにしていて下さい! (9月16日 21時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
あかり - 毎回更新されるのを楽しみにしています。移行のためしばらくお休みされるのは残念ですが、待つ時間も楽しみたいと思います。 (9月16日 14時) (レス) id: 43ef596bac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅり | 作成日時:2020年8月30日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。