占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:315 hit、合計:19,589 hit

番外編〜隆平side〜 ページ9

追憶13〜14の間の物語



貴方「丸ちゃんって力持ちなの?」



公園でAちゃんと遊んでいたときに急に聞かれた。



隆「えっと…」



僕はどう説明するべきか悩んだ。



あれから僕らが能力者である事は言うたものの、細かい説明まではしていなかった。



隆「人より重たいもの持てたり…強いパンチとか出来たりするかな」



それでAちゃんを転ばせてもうた。




貴方「へー!みんなの力は魔法みたいだけど、丸ちゃんの力はヒーローみたいだね!」




目を輝かせながら僕に言った。




隆「ヒーロー!?僕が!?」



貴方「うん!カッコイイ!Aがピンチの時は助けてね!」



僕が…ヒーローかぁ。



隆「おん!任せとき!僕が守ったるから!」



この力、君を守るために使いこなせるようになりたいな。

発見→←オトリ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード: , 関ジャニ∞ , 警察
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年2月10日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。