占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:230 hit、合計:10,760 hit

12.きっかけ1 ページ13

.



姉さんと呼ばれ、楽しく過ごす
とはいえ、
英語資料関連を担当する翔やんと
ニュアンスの選択でちょっとやり合うことも
なくはなかったけど、
会社の利益につながるように真剣に考えて
妥協しない翔やんが、嬉しかった。

父も、大学卒業後の入社だけでなく、
私の婿になって貰いたいと望んだくらいだ。




とある金曜日、バイク便で来る資料を待ってた。
特に急ぎの仕事じゃないけど、
私も翔やんも、ボーッとしたり
勤務中に世間話をしたりするより
何か成果をあげたい性分だから、
その資料だけ片付けて早くあがろうと
ロビーに降りて、来客用ディスプレイに
ふと目を向けたら

別れた男が、新しいパートナーと踊ってた…
あの腕に腰を支えられてたのは
私だったのに…


バイク便を受け取った翔やんが、
クラッとした私を受け止めた。

「姉さん?大丈夫か?」
私の目線を追った翔やんが、
私が何を見たか気づいて、

「上行くぞ」
って、私の手を引いて歩き出した。


社長室に戻り、資料に目を通し
翔やんが高速で、入力していく。
やがてプリントアウトされ
「チェックしろ」って渡された用紙を
何度も落とし、ペンもまともに握れない。

とんちんかんなところに線をひき、
翔やんにとめられた。
「来週にしよう、送るよ」

やだ、帰りたくない。
動揺して仕事は出来ないけど、
1人になりたくない。

「おなかすいた」
正直、自分がおなかすいてるかどうかも
わかんないけど、ポツリと言ってみた。

「どこ行く?」
嬉しい、一緒に居てくれるらしい。

13.きっかけ2→←11.翔やん3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
95人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 , 片想い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まゆら | 作成日時:2020年1月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。