占いツクール
検索窓
今日:2,919 hit、昨日:1,764 hit、合計:573,309 hit

28.岐路に立って帰路を断つ ページ29

__少女は岐路に立つ。



救けに来てくれたヒーローたち

圧倒的な力を持った支配者

救かる道と救からない道



いろんな感情が短時間の内に溢れたが、彼女の答えはとっくに決まっている。



__少女は決断した。



「ここでこのお兄さんと一緒に救けを待って。いい?絶対に離れたりなんてしちゃだめだよ、なにがあってもお兄さんのそばを離れないで。」



向き合うふたりは見つめ合う。



エ「え…?え、??おねえちゃんは?」



…__



「わたしは…行かなきゃ。」

エ「な…なんで!?」

「__エリ。」



有無を言わせない力強い声。



「__わたしのお願い、聞いてくれないと…」



エリにとっての"絶対"は治崎ではない。

治崎が恐怖と力で支配しているとしても、Aはエリにとって"唯一無二"の心の拠り所だ。


物心ついた時からずっとそばにいてずっと支えてきた__Aである。


それをこの少女は理解していた、そしてそれをも利用する。




「エリとはもう二度と話さない。」




重たく冷たい声は揺るがない。



エ「…え…?」



頭をがつんと殴られたような衝撃が彼女をおそった。




「あなたはここに残って、あの男はわたしに任せて。」




そうして少女は、自分の帰路をも断った。







__






___




こんなんじゃ…あの男と同じ。
わたしに"嫌われる恐怖"を利用してエリをここに留まらせる。

でもそれであなたが救われるのなら__




エ「やだよ…ずっと、一緒に居たいよ…」




大きな瞳に薄い膜がはって涙がつのってく。
ぎゅっと抱きしめた。



まるで放さないよっていうみたいに。


安心させるみたいに。



でも、正真正銘…これが最後だ。



「わたしも…」



ゆっくりと体を離す。




「___ずっと一緒にいたかったよ。」




ポロリ___一筋、涙が滑り落ちた。

立ち上がり、元来た道へ走り出す。あの子はわたしに手を伸ばした。



エ「やだ!!やだ!!おねえちゃん!!!」

ミ「エ、リちゃん…!君まで行っちゃダメだ…!!__Aちゃん!!!」



ああ、よかった。


信じてよかった。


ヒーローはいた、ヒーローはいたんだ。



エ「いかないで…!!おねえちゃん!!!」



あの子の悲痛な叫びが聞こえる。
聞いたことがないくらい大きな声だった。


わたしのこと嫌いになってもいい、にくまれたっていいよ。


でもその代わり、




エ『えへへ、おねえちゃん〜』




どうか笑顔でいてね。

29.それはまるで機械のような→←27.ありがとう



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (653 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1730人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pino(プロフ) - 柚子の香りさん» 好評&コメントありがとうございます!ちなみにどの回のお話が良かったか聞いてもいいでしょうか…? (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - わぁおさん» コメントありがとうございます!頑張ります! (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 好きです!この話し神すぎですね!! (2月24日 11時) (レス) id: 3597434cca (このIDを非表示/違反報告)
わぁお - 凄いです!!前からの話にどんどん繋がっていて凄いです!!!これから先もっと楽しみになりました!!更新頑張ってください!! (2月22日 17時) (レス) id: 578a6cecc2 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - エリ大好きさん» 本当ですか…!夢主の感情やら何やら伝えられているか毎度不安ですが、よかったです。更新お待たせしました、コメントありがとうございます! (2月21日 23時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pino | 作成日時:2020年1月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。