占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:199 hit、合計:101,959 hit

47 ページ48

nozomu▷▷






「……そう。やから何?」

『いい?好きになっても。』

「何で俺に聞くんw」





.





『…だって淳太も好きやろ?』





.





照史の傾けるグラスの氷が動く音だけが、店中に響く。

BGMまでまるで息を潜めたよう。





「はは、」





淳太は笑う。





「…じゃあ俺がやめてくれ、って言ったらやめてくれるん?」





それならやめて欲しいけど、と言葉を繋げた。





.





「…やめる気無いなら聞くな」





.





見えるのは作業の続きを始める淳太の横顔だけ。





.





「たぶん、そろそろA来るで」





照史のその一言でハッとする。

早く会いたかったその人は、まるでその言葉を聞いていたようなタイミングで店の扉を開いた。





「いらっしゃい」

「やっほ、」





最初の一声は俺がかけたかったのに、それは淳太にとられてしまう

…こっちを見て欲しいのに





『Aさん、お疲れ様です!』

「小瀧君もお疲れ様」





俺を見て笑ってくれたから、俺の小さな嫉妬心は溶けていく。






.






.

48→←46



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (105 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
464人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 小瀧望 , 中間淳太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ash | 作成日時:2019年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。