占いツクール
検索窓
今日:385 hit、昨日:328 hit、合計:196,111 hit

39(Ki) ページ19

まき散らされたにおい。

あの部屋で自分を包んだにおい。



呼び起こすのは、体を覆うシルクと
細いのに離さない腕。

呼吸に上下する胸板。

俺の髪をかき分け、おでこに付けられた唇の厚み。

その唇がまぶた、頬に降りて

俺の唇を覆った感触。




「何すんだよっ!」

立ち上がって睨んでも視線はまだ上だ。
藤ヶ谷は眉を寄せたまま、何か言おうと唇を動かす。

それに目を奪われそうになった時

「おっはよーん。あ、ガヤとみつ来てたのー? ・・・二人、だけ?」

ニカの明るい声が響き、段々弱まって散った。

藤ヶ谷はニカを見ると「おはよ」とクールに返事をして
俺から離れて座った。


なんか言えよ。なんなんだよ。

俺はいつまで、おまえのそういうのを気にしなきゃいけないんだ。
・・・ずっとだ。俺たちが俺たちである限り続くんだ。

お前を好きなまま、お前に嫌われてることを思い知って。

グッとこぶしを握って目を閉じた。
落ち着こうと深呼吸すると、藤ヶ谷のにおいが侵入してくる。

すべてを追いやるように頭をぶんぶん振って
ドア付近に立ったままのニカの肩にぶつかるように外に出ると、
入ってくる宮田にぶつかった。

「うわ、びっくりしたぁ。どしたのキタミツ。トイレ?」

「ちが、」

トイレに行って首元に着いたにおいを洗い流したかったのに
ん? と優しい宮田の顔に強張った方から力が抜けた。

するとすぐ後ろからマネージャーが来て、他のメンバーが来たらすぐにリハに入ると言われ
明日のバラエティの台本を渡された。

宮田の大きな鼻がひくりと揺れ
ニカと目を合わせた。

俺に着いた藤ヶ谷のにおいを嗅がれたのかと思うといたたまれない。

ニカに変に揶揄われたりしたら

身構えていたのに、宮田もニカも何も言わず
それからほどなくメンバーがそろって、リハが始まった。

フォーメーションで移動したり、
ターンするたびにふわりと自分からにおうものに顔をしかめた。


リハが終わって衣装のまま楽屋に戻ると、
大倉が着替え終わってソファに倒れこむように待っていた。

「お疲れ〜腹減った〜はよ着替えて〜」

まるで子供が急かすようにテーブルをバンバンと叩く。

藤ヶ谷のにおいが
俺の汗と混ざってまとわりつく気がして嫌なのに

流せないまま大倉と飯をしている間もずっと

においに責められてる気がした。

40(F)→←38(F)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (629 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1047人がお気に入り
設定キーワード:藤北
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

仙花(プロフ) - neeさん» 完結まで時間可かかってしまいましたが、なんとかハピエンになったかな?と思います!こんなグダグダしてしまった話にお付き合いいただいて、本当にありがとうございました!! (10月31日 23時) (レス) id: 8a1a1633ec (このIDを非表示/違反報告)
nee(プロフ) - 完結おめでとうございます!似た者同士の2人がもどかしく愛しく、楽しみに読ませて頂きました。やり直し不可の予兆の様なラストも素敵でしたがやはりハピエン幸せです…素敵なお話ありがとうございました!追いつめられて?幼い子みたいに無垢になるkさんが好きです(萌 (10月31日 16時) (レス) id: 12047e6bea (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - yikumiさん» そんな風に仰っていただけて恐縮です;あんなに更新サボっていたにも関わらず、最期までお付き合いいただけて本当に嬉しいです。ありがとうございました! (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - SIZUKUさん» 終わらせたのに追加みたいな感じですみません;;でもちょっと書きたかったのでw  (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - 充瑠さん» 充瑠さん、こんばんは!あ、書き忘れた!とオマケを書いてしまいましたw 推敲しないからこうなる・・・すみませんでした^^; (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:仙花 | 作成日時:2017年10月14日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。