占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:101 hit、合計:548,584 hit

110 ページ5

資料の棚の前にAが立って、
一番上の図面を取ろうとしてる。

背伸びしても届けへん。


こんな事、前にもあったな・・・


「どの図面?」


俺が後ろから手を伸ばして、
すって取ってやる。

Aが俺を振り返った。


俺の描いたチャペルの図面やねん。


可愛いことするな。


棚に手をついて。

気付いたら、閉じ込めてキスしてた。


離れたら、
お互い、照れくさくて。

「前もこんな事あったね」

照れ隠しなんか、
Aが早口に言う。

「あの時もほんまはこうしたかった・・・」

俺の言葉にほんまに驚いたみたいや。

真っ赤になって、
チャペルの図面を広げてる。

ほんまに懐かしい。


その時、お母さんから電話がかかってきた。


嫌な予感がぐるぐるしてる。

出るのが怖い。


「はい」

祈るように電話に出る。


「忠義、大変なの。
高坂さんが・・・
手首切ったの。
救急車で今、病院に向かってる」


手首、切った。


お母さんの声が、
頭の中で繰り返し繰り返し響いてる。


電話切った後も、
愕然としてる俺を、
Aが不安そうに見てる。


ぎゅって手首捕まれて。

やっと我に返った。


「忠義?どうしたの?」


「高坂さんが・・・
病院に運ばれたって。
俺、ちょっと見に行ってくる。
ごめんな?
先に帰っといて」

111→←109



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。