占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:99 hit、合計:231,215 hit

32 ページ32

.



あれから 数日経った

私の心の中も整理されて

今日 、ちゃんと気持ちを伝えようと思う



「あ、遥輝さん 試合後お話いいですか?」



西川「うん」



私までドキドキしてしまう



中島「あ、Aおはよう」



「おはようございます」



中島「今日呑み行こ」



「試合の後 少しお話があるので待たせてしまうかもしれないんですが ...」



中島「いいよ、待ってる」



「ありがとうございます 、じゃあ試合後に!」



ドキドキしていると 時の流れは早くて

もう試合も終わってしまった



西川「話って?」



遥輝さんは 、きっと分かっているのだろう

真剣な表情で 見つめられる



「告白していただいて本当に嬉しかったです。でも、私は遥輝さんの期待には応えられません。」



西川「振られると思ってた(笑)」



「え?」



西川「俺のことはいいから卓さんのとこ行ってき」



「っ .. はい」



" 遥輝さん ありがとうございます "

そう言って 、私は卓さんが待っている部屋へ

必死に走った



「卓さんっ!!」



中島「そんな急がなくても(笑)」



「私、卓さんが好きです!」



中島「 .. え、」



「でも、付き合うことはできません ..」



中島「 .. もしかして借金のこと?」



「え、知ってたんですか .. 」



中島「ごめん、前にたまたま聞こえちゃって」



両親が借金を残して亡くなった

それから私は死にものぐるいで

昼はコンビニのバイト、夜は風俗 で働いた

だけど 借金はなかなか減らず ...


そして

あるお店で働いてる時に

この仕事を紹介された

体を売る仕事だけあって お給料も高かった

だから 、私はこの仕事をしている



中島「本当は俺が返してあげるって言いたいところだけど、Aはそれが嫌なんでしょ?」



「はい ..」



中島「分かってる、だから返し終わるまでこの仕事してていいし」



「そんな .. 付き合ってるのに他の方と行為をするなんて卓さんに本当に悪いです ..」



中島「それでも俺はAと付き合いたい」



「 .. 卓さんっ」



卓さんに優しく抱き締められる


その優しさに甘えていいの?

私 、幸せになってもいいの?

何度も自分の心に問いかけた






.

33→←31



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (148 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
492人がお気に入り
設定キーワード:北海道日本ハムファイターズ , 中島卓也,西川遥輝 , プロ野球   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かぐや姫 | 作成日時:2018年4月23日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。