占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:161 hit、合計:9,780 hit

17話 ページ19

渚side


「私もその事については分からないんだ。だからさ」

頭に手を置いて緑はそう言った。

「もしかしたら隣の我々ださんは知ってるかもしれないし、行ってみない?」

あー、確かに知ってるかも...えっ?
緑の言葉にピタリ、と体が止まる。緑は撫で続けているが。

ご本人様に聞きに行っちゃうのね?さっきみたいに失礼な事はしないようにしますけど。

「あ、き、聞きにいくぅ...?」
「行っちゃおう。怖いから一回泊めて貰うのもありだし」

「泊めてっ!?」

な、中々凄い発想だね緑...と声を溢せば、えへへと笑う緑。
いや誉めてはないよ?ほめてるっちゃ誉めてるけど。

緑は早速、と言うと玄関に行ってしまった。


ちょっと最近非日常過ぎやしませんかね?

そう思いながらも緑に着いていく。



「っふぅ...落ち着けぇ、落ち着け私...」

とうとう来てしまいました。お隣さんに。
手に人、と書きそれを食べる動作をする。やっても落ち着きはしないが。

それを繰り返していると、緑はチャイムを鳴らした。

おぉう、勇気あるね緑...

「はい〜?...あ、どうも。どうされました?」


扉をガチャリと開けて、トントンさんが出てくる。
てかこう言うのはトントンさん担当なのか?先程も出てきたのは彼だった気がする。

「あのー、渚ちゃんが...あ、隣に居るこの子です。でこの子が怪奇現象に遭遇したそうでして」


ペコッとお辞儀をする。
トントンさんは怪奇現象...?と頭を傾げていた。

「はぇ〜、そりゃ怖いですね。で、何か知らないか。と?」
「あ、そうなんです。何か知っている事は...」
「申し訳無いですけど僕らも特には無いですね...」

あ、やはり情報は無しか...
と言う事はもしかして来た意味無し?迷惑行為だった?

そう思っていると、緑が口を開いた。


あっ、まさか緑...!

18話→←16話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
58人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 合作
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナギ(プロフ) - hi_chanさん» ひぇぇ...ありがとうございます!更新、緑蛙さんと頑張っていきますね! (4月27日 19時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
hi_chan(プロフ) - ナギさん» 全然大丈夫です!更新頑張ってください! (4月27日 18時) (レス) id: abc9fd13bf (このIDを非表示/違反報告)
ナギ - えー...更新遅れてしまいすみませんでした...!! (3月31日 10時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
緑蛙(プロフ) - ルイロイさん» コメントありがとうございます!話にのめり込んで読んでくれると言ってもらえるのはこちらとしても嬉しい限りです。頑張りますね……! (3月16日 11時) (レス) id: af2916f373 (このIDを非表示/違反報告)
ルイロイ - 面白いです!どんどん話にのめりこんで読んでいました。頑張ってください!(下のやつは間違えてエンターキー長押しして投稿してしまいました。すみません) (3月16日 1時) (レス) id: 765758a1e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緑蛙&ナギ x他1人 | 作者ホームページ:ない…です!  
作成日時:2020年3月4日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。