占いツクール
検索窓
今日:161 hit、昨日:166 hit、合計:202,415 hit

第15話 ページ17

カナとハクがぎゃあぎゃあと言い合いを始めると、イルがまたも止めに入り笑みを浮かべながらハクに言った。


「だから、ハク。Aの護衛としてずっと城にいてくれないかい?」

「俺は“貴族”ってのが面倒で仕方ないんですよ。城に入ったり将軍になったりすれば家でのんびり昼寝も出来ない」

「ハク…」


あんた、それあたしにケンカ売ってる?とカナが黒いオーラを出しながらハクの名前を呼ぶが、ハクはそれを敢えて無視する。


「陛下は武器はお嫌いなのでしょう?なら、武器も持たずに人を護衛する世にも貴重な人間を探して下さいよ」

「ハクっ」


イルがハクの名前を呼んだがハクは振り返らず歩いていった。


―――正直、王家や貴族とは関わりたくない。腹の探り合いも足の引っぱり合いもくだらねェ。王は王で危機感ねェし。そして


『ハク!』


この城に来たくないもう一つの理由は


『隠して』


昔っからこの姫さんといると、俺は調子狂って仕方ない―――


ヨナと共にハクの後ろに隠れたA。
ハクはそれを一瞥すると、「A姫」とAの名前を呼ぶ方向へと視線を向けた。


「姫様ーーっどこです〜〜っ」


―――あれは、火の部族長のご子息…―――


ハクの背後から様子を見ていたAとヨナは男の姿が見えなくなると、ふぅと息をついてハクの背後から出た。


「ダメですよ、ヨナ姫。イタズラはバレないようにしないと」

「違うわよ」


額に青筋を浮かべながらそう言うと隣にいたAがまぁまぁ、とそれを宥めて理由を話した。






「言い寄られてる!?」


気まずそうに頷くAの隣でヨナが頷くと、ハクは足を手でたたきながら爆笑した。


―――まぁ、確かにA姫は可愛いけど…―――


「本当だってば!シメるわよ」


ヨナが爆笑しているハクにそう言うと、怒ったように両手を腰に当てて口を開いた。


「あのカン・テジュンとかいう人、度々城に来ては姉様に贈り物やら遊びに誘ったりするのよ」

『たまに、変なこと言ってきたり…』


遠慮気味にAがそう言うとヨナは「そうよ!」と賛同した。


「華のように愛らしいだの、その瞳の矢に射抜かれただの、ムズムズする台詞ばっかり!」


自分に言われているかのように憤慨するヨナ。


―――王には現在皇太子がいない。ここは姫の美貌と玉座を手に入れようというわけか―――


「すっごくしつこいのよ」

「なら、俺と縁談があるってことにすればいいんじゃないですか?」

『え!?//』

第16話→←第14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (48 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
222人がお気に入り
設定キーワード:暁のヨナ , ハク , ヨナ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ムーミン一家 - 暁のヨナ、私も最近ファンになりました!面白いですよね〜ちなみに私はジェハ押しです。これからも頑張って下さい! (2018年7月21日 23時) (レス) id: 8c840e0186 (このIDを非表示/違反報告)
鈴木美妃(プロフ) - ファンになりました。早く続きが読みたいです。これからも更新楽しみにしてます。頑張って下さい。応援します。 (2018年7月7日 19時) (レス) id: 6d5e66c80d (このIDを非表示/違反報告)
ルイナ(プロフ) - 待ってました!更新これからも頑張ってください♪ (2018年7月6日 18時) (レス) id: 29bcf3ece3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さきっち | 作成日時:2018年7月6日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。