占いツクール
検索窓
今日:336 hit、昨日:169 hit、合計:78,624 hit

#37 -全身組- ページ37

アンチ事件から1週間が経った。
おかげさまで私は毎日楽しく実況できている。
そんな中全身ラジオのゲスト出演が決まりました。

-ラジオ収録中-
レ「シエルちゃんさぁ、キヨくんのことどう思ってる?」

レトやんにそう振られる。
レトやんは真顔で聞いているが、キヨくんはニヤニヤしている。

『めっちゃ大切な親友』

キ「えっ!?それだけ?」

『うん。それだけ』

それだけじゃないじゃん。十分じゃん。
私がキヨくんのことちゃんと思ってるの伝わるでしょ?
キヨくんは私に「好き」って言って欲しかったんだろーね…。

レ「じゃあ、俺のことは?」

『大好き!』

キ「はぁ?」

あ、ヤベ。
ラジオ録り終わったら殺されるなこれ…。

-ラジオ収録終了-
無事収録が終わった。
案の定キヨくんはレトやんを睨んでいる。
レトやん悪くないのに…。

レ「キヨくん、俺何もしてないよっ!?」

キ「Aに好きって言われてた」

うわぁ…。めんどくさっ。
じゃあ私がキヨくんに好きって言ったらレトやん睨むのやめるんか?

『キヨくん大人げないよ。私キヨくんのことも好きだからね』

もうヤケクソでめっちゃ棒読みで言ってやった。
なのに…キヨくんは嬉しそうにレトやんの背中をバシバシ叩いていた。

キ「Aが俺のこと好きだって」

レ「よかったね…」

レトやんも飽きれ気味である。
キヨくん子供みたいで本当めんどくさい。

レ「あ、アンチどーなった?」

レトやんはキヨくんに叩かれた背中を擦りながらそう言う。
あーあ。背中痛そう…。

『まだいっぱいいます。消えればいいのにね』

キ「お前怖ぇよ…」

キヨくんは私の笑顔が怖いと言って引いている。
レトやんもサイコパスだとか言ってるけど、ヒラくんのがサイコパスだし。
キヨくんのが笑顔怖いよ。

レ「でもAちゃんが元気でよかった」

レトやんはニコっと笑ってくれる。
やべぇ…かわいい。
私はキヨくんがいるのにも関わらず、レトやんに抱きついた。

レ「うわぁ!」

『レトやん好きっ』

私のこの言動のせいで、キヨくんがさらに子供っぽくなったのは言うまでもない。





______

こんにちは!紫燕です。
合計10000hitありがとうございます!
そしてお気に入り登録も40越えました!
読者様には心から感謝してます。
これからもよろしくお願い致します。m(_ _)m

#38 -最俺 TOP4-→←#36 -最俺-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (42 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
132人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫燕-sien- | 作成日時:2019年11月28日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。