占いツクール
検索窓
今日:33 hit、昨日:2,244 hit、合計:476,233 hit

卅-30- ページ31








ドォン


2度目の轟音。



きっと、戦いは始まっている。


気配がする。やつの…………猗窩座の。



早く行きたいと、逸る気持ちを抑え、その時が来るのを待つ。



時を逃せばまた、失う。



今は見極めるとき。



「動くな!!傷が開いたら致命傷になるぞ!!命令待機!!」


煉獄さんの大声が聞こえてくる。

炭治郎に向けて言った言葉だろう。

あと少し、もう少し。


気配を完全に消し、少しずつその場所へと向かう。



ここからでもよく見える。


伊之助も炭治郎も加勢のしようがない。


「俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!」


煉獄さんの本気が伝わってくる。


きっと、奥義を使う気だ。


「素晴らしい闘気だ……それ程の傷を負いながらその気迫その精神力、一部の隙もない構え。やはりお前は鬼になれ!杏寿郎!!俺と永遠に戦い続けよう!!」

猗窩座も、懇親の一撃を出すつもりだろう。


構えで伝わってくる。



2人同時に技を使ったせいで土煙があがる。


その刹那、煉獄さんが立っていた場所から眩い光が出た。


その時が、来たんだ。


土煙が収まり2人の状態が見える。


猗窩座の腕は確かに煉獄さんの体を貫いていた。

しかし、不幸中の幸、急所から外れていた。



- - - - - - - - - - - - - - - - -

大正コソコソ噂話!


煉獄さんが立っていた場所から発光現象が起きてたね!あれは、一葉がAさんの変わりに煉獄さんに渡したお守りが光ってたんだって!

お守りには死ぬような怪我を1回だけ防いでくれるような効果があったらしいよ!






卅壱-31-&番外編→←廿玖-29-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (296 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1527人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼滅隊 , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

抹茶タピオカ2号(プロフ) - 星花(ほしか)さん» とても面白いです!(* >ω<)続き待ってます!( ≧∀≦)ノサネミ―私の推し!( ´∀`) (2月19日 10時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - とても面白いです!(* >ω<)続き待ってます!( ≧∀≦)ノ (2月15日 23時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - とても面白いです!続き待ってます! 頑張ってください( ≧∀≦)ノ (2月12日 20時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - 新しいの読みました!面白いです!続き待ってます( ≧∀≦)ノ頑張ってください(* ´ ▽ ` *) あ、ちなみにこゆきです!報告忘れてごめんなさいm(_ _)m (2月10日 19時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - 新しいの読みました!面白いです!続き待ってます( ≧∀≦)ノ頑張ってください(* ´ ▽ ` *) (2月9日 1時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:宮原星花 | 作者ホームページ:https://www.alphapolis.co.jp/novel/905339711/7133683  
作成日時:2020年1月24日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。