占いツクール
検索窓
今日:105 hit、昨日:35 hit、合計:48,813 hit

★デート ページ7

さっきよりも大分暗い場所に出た。
「ここ、真っ暗で怖いな…」
私がボソッと呟くと、
「怖いか?俺様に任せろ!」
Sansはかがみ込んで何かに触った。すると、周りが一気に明るくなった。

「すごい…!キノコが光ってる!」
「綺麗だろ?」
光るキノコの存在は知っていたが、やはり生で見ると感動が違う。私はコクコクとうなづく。

壁や天井に埋め込まれたきらめく石たちに囲まれて、満天の星空の下を歩いてる気分。ロマンチックだなぁ…

「俺様、ここには本当に好きな人以外連れてこないって決めてたんだぞ!Aが一番乗りだ!」
「…え、それって…?」

私が返すと、Sansは立ち止まった。
「俺様、Aが好きになっちゃったんだ…!」

Sansは地下の星たちにも負けないくらい目をキラキラさせていた。暗くてよく見えないが絶対顔は真っ赤だ。
そして私も同じくらい真っ赤な顔をしてたと思う。

「わ、私も…大好きだよ、Sans!」

私たちはお互いに微笑んで、体温を感じるかのようにしっかりと抱きしめあった。
その時、

世界が突然まばゆい光に包まれた。
そして、私たちはすっかり元通りになったsnowdinに立っていた。
よかった…この世界を守れたんだ…!!

Sansは私を家に招待してくれた。彼は私とPapyrusが知り合いなのに驚いていたけど、どうして私がここに来たのかを話して(もちろん愛を教えるとかいうくだりは省き)、納得した様子だった。

「…じゃ、お前さんはとっとと別の世界に行った方がいいんだろ?」
「うーん…まぁそうなるかな…」
「えぇえーーっ!?せっかく俺様Aとすっごい仲良しになれたのに!!」
目をうるうるさせるSansの頭を撫でて、
「大丈夫、絶対また会える!」
と笑顔で言った。

「約束だからな!A!」
「うん!」
そして私はAUの狭間へと帰った。

それを後ろで見ていたPapyrusは、全てを察したのか、にやっと笑ってタバコの煙をはいた。
「…あーあ、俺も彼女欲しいなぁ…」

***

「swapの世界ガ取リ戻さレてしまったジゃねぇか…Inkの野郎、モう手を打ちヤがって…」
そう言ってニタリと笑うのはErrorSans。

「A…ククッ面白そuな奴ダぜ…」
そして彼は闇の中へ消えた。

★小休止→←★ナンパ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
66人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - lustSansってどう読むんですか? (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷食家 | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。