占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:8 hit、合計:56,917 hit

☆(リクエスト)Sansたちと一緒に寝てみた。 ページ31

こちらも黒猫様のリクエスト!ありがとうございます!

私は、真夜中に目が覚めた。うぅ…すごい嫌な夢だった…
内容を口に出すのもおぞましい。今夜はもう1人で寝られないな…そうだ、Sansの部屋に行って一緒に寝よう!

*UndertaleSansの場合
「…失礼しま〜す…」
私はSansを起こさないようにそぉ〜っとSansのベッドの隣で横になり、毛布を被った。

「A…?何やってるんだ…?」
あ、あれ!?もう起きちゃった!早くない!?
「ごめんなさい…ひとりで寝るの…怖くて…」

「heh、Aもかわいいところあるじゃねぇか。風邪引くだろ、こっち入れよ。」
そう言ってSansは掛け布団をめくって、ここに来いと言わんばかりにベッドをポンポンと叩いた。

「ありがとう…あったかいな…」
Sansの隣で寝られて、幸せ!

《無事一緒に寝られました!》

*UnderfellSansの場合
「起こさないように…」
私は静かにSansが眠るベッドの隣で横になり、眠りについた。

首に違和感を覚えて目が覚めた。
「ん…?なんだろ…って首輪!!?」
「お〜A、起きたか。」
Sansがベッドに腰掛けて私を見下ろしていた。

「起きたら隣で寝てたから、俺の犬になってくれるのかと思ってな。飼い犬には首輪をつけるだろ?」
Sansはそう言ってニヤニヤしている。
「ちょ、違うってば!私はただひとりで寝るのが怖かっただけで…!」
「黙れよ。ご主人様は喋っていいなんて言ってないぞ?」

ひぃぃ…マズイことになった…!

《フェルサンはボス以外にはSでもいいと思うよ←Mなフェルサンが好きな皆様すみません》

*UnderswapSansの場合
「そぉーっと、そぉーっと…」
私が忍び足でSansの部屋に入ると、何故かSansは起きていた。

「あれ!?Sans!?」「みぇっ!?A!?」
同時に驚きの声をあげてしまった。

「どうしたのSans…こんな夜中に起きてるなんて…」
「俺様とっても怖い夢を見たのだ…だから、眠れなくて…Aが来てくれてよかったぞ…」
「私もだよ!怖い夢を見たから、Sansと一緒に寝たくて…」

「俺様たち、仲間じゃないか!一緒に寝たいぞ!ほら、このベッドに入ってくれ!」
「そうだね、仲間がいて嬉しいな!」
嬉しそうに目を輝かせるSansのベッドに入って、一緒に目を閉じる。

今度はいい夢が見られるかもな〜…

《2人で寝れば怖くない!》


続きます→

☆続き→←☆続き



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
70人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イヴァルカ - ありがとうございます (8月22日 19時) (レス) id: 02b7350037 (このIDを非表示/違反報告)
ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷食家 | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。