占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:37 hit、合計:54,052 hit

★リンゴ ページ23

「あれ…消えちゃった…」
黒いSansがいなくなってしまったので、私は彼に言われたもう1人のSansを探すことにした。

しかし、そんなに時間はかからなかったのである。
なぜなら、目の前のリンゴの樹に異変が起きていたからだ。

リンゴの実が1つ1つ地に落ちては塵になり、葉や枝も少しずつ消えていっていた。
「あそこにSansがいる!!」
そう思った私は黒いSansが近づくなと言っていた木に向かって走った。

するとそこには、さっきのSansとは別人のSansが立っていた。彼はこちらに気づき、
「やぁ、この辺ではあまり見ない人間さんだね。僕はDreamSansって言うんだ。Dreamって呼んでね!君の名前は?」
「私はA。よろしくね、Dream!」

よかった、ここのSansはあまり狂暴じゃなさそう…。

「ねぇDream、このリンゴはなんなの?」
「これは人々の感情が集まって形になったものさ。」
「へぇ〜…」
と、私は不意に2つのリンゴを拾い上げた。
すると突然黒いリンゴの方から黒いヌルヌルしたものが溢れてきた。

「きゃあっ!?」
「危ない!何してるんだよ!?」
誰かが私の手の上の黒いリンゴを取り上げた。
それはさっきの黒いSansだった。

「Nightmare!いたんだね!」
Dreamが笑顔でそのSansに話しかけた。
「当たり前だろ…ここは俺の世界でもあるからな。で、お前は何してるんだ!不用意に近づくなと言っただろ!」
「う…ごめんなさい…つい…」
Nightmareと呼ばれたSansは私をその青く光る眼で睨んだ。

「大丈夫なのか?どこも何ともないのか?」
「え?」
「大丈夫なのかと聞いている!」
Nightmareは私を心配してくれているようだ。

「うん、何ともないよ、ありがとうNightmare!」
「珍しいね〜Nightmareが誰かを心配するなんて。」
Dreamが少しからかったような口調でそう言うと、Nightmareは「黙れ…」と吐き捨てて顔を赤くしながら消えてしまった。

「ごめんね…素直になれないだけで本当はすごく優しい兄弟なんだよ。」
「うん、わかってる。」
「あの姿になっちゃったのも、皆のマイナスの感情を一身に背負ってしまったからなんだ。僕は……助けてあげられなくて…。」

Dreamは目を伏せがちにして悲しそうな顔をした。
「私が、助ける!」
「え?どういうこと…?」
「私がNightmareを元の姿に戻してあげるってこと!一緒に頑張ろう?」
私はDreamに手を差し伸べた。

「ありがとう…こんなことを言ってくれる人間は君が初めてだよ!」
Dreamは嬉しそうに私の手を取った。

★プラスの感情1→←★2人



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
70人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イヴァルカ - ありがとうございます (8月22日 19時) (レス) id: 02b7350037 (このIDを非表示/違反報告)
ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷食家 | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。