占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:36 hit、合計:16,697 hit

【特別編】ドリ ョ ク ページ10

本編に影響はありません
______________

Aside

『潔癖症を...治す訓練?』

「はい、Aさんが距離を置かなくても私たちと
仲良くできるよう、特訓をしたらどうかと思って」

『しのぶさんには悪いけれど...潔癖症を治す特訓よりも力をつける特訓をした方がいいと思うの』

「Aの言うこともごもっともだが、貴様の潔癖症は酷すぎる。俺はともかく甘露寺が寂しがるだろう。だいたいお前は__」

『伊黒さん、お説教はやめてくださいね?』

「そうですよ伊黒さん。Aさんだって頑張っているんですから。伊黒さんもAさんの特訓に付き合ってくださいね」

「なぜ俺までやらなければならない。俺は関係ないだろう」

「口を出すだけ出しておいて逃げるのはどうなんでしょう?」

しのぶさんの正論に負け、少し項垂れる伊黒さん。

「まずは間隔を狭くするようにしましょう」

____________

訓練の内容はとても簡単だった。
伊黒さんは定位置に立って、私が少しずつ
近づく。最初は2mから始めて、今1mまで縮めた。

『...しのぶさん、私ここら辺で諦めてもいいかしら?』

「もう30cmくらい前に行けれませんか?」

「まだこれだけの距離があるぞ、貴様ならまだ頑張れるんじゃないのか」

頑張れてたら今頃こんな特訓受けてないです。
なんて口に出せないからお口チャック。

『1mが限界です、私には』

にこっと微笑む

「もう少し縮めることができたらいいんですけどね」

『2mから1mも縮めたから、十分だと思いますけどね、私は』

「これほどまでに無理なのであればスキンシップなんて夢のまた夢ですね...」

『やはり潔癖症を治すのは無理ですね』

「おいA、どこに行くつもりだ」

『この距離を縮められない限りスキンシップなんてできません。これ以上この訓練を続ける意味がない気がしたので』

2人を後にし、街へ赴く

街は人混みが酷いため、いつも裏の道を歩く。
人に触れたくないため、滅多に来ることはない。

今日、私が街へ赴いたのは手を巻くための包帯を買うため。いつも巻いていると汚れてしまい、薄汚れてきたから来たのだ。

「いらっしゃいませ...あぁ、Aさん。また包帯かい?」

『いつもすみません。』

私がよくくるこのお店では、私は常連になっていた

「はい、これが包帯だよう。ついでにこれも
持って帰ってくれ」

『これは..?』

「予備の包帯みたいなもんさ。あんた鬼殺隊だろう、けが人いたら使っておくれ」

『ありがとうございます』

.→←フ タ リ ノ ア イ ダ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , , 十二鬼月
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

すンず - すごい面白いです!更新頑張って下さい!応援しています!! (10月31日 21時) (レス) id: 6823c0d55a (このIDを非表示/違反報告)
凜檎姫(プロフ) - 優しい無惨さん» コメントありがとうございます!更新めちゃくちゃ頑張りますぅぅぅぅ!!!(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ (10月19日 13時) (レス) id: f28697a51e (このIDを非表示/違反報告)
優しい無惨 - 面白いです!更新頑張ってください(`▽´)ヒヒヒ (10月19日 11時) (レス) id: 2bdd2e1078 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:凜檎姫 | 作成日時:2019年10月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。