占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:6 hit、合計:16,754 hit

ヤ サ シ サ ニ オ ボレ ページ21

______________

Aside

『ごめんなさい、つい』

素で本当の自分が出てきた。
こんなにも自然に笑みが零れる事なんて

今までなかった。無一郎くんのおかげかな

「Aさんの笑顔、初めて見ました
...あっ!その、本当の笑顔という、その...!」

『言いたいことは分かりますよ。...今まで
自分を塞ぎ込んで、誰にも本心を打ち明けません
でしたからね』

「今までってことは、誰かに打ち明けたんですか?」

『無一郎くんに、お話してみたんです。
今もこうして蜜璃さんとお風呂に入れるのも無一郎くんのお陰ですね』

「無一郎くんが...?」

Aの背中をそっと流す

「そうだ!Aさん!この際恋バナでもしちゃいましょ!」

『恋、バナ...?』

チラッと蜜璃さんの顔を見てみるとキラキラと
目を輝かせていた。流石恋柱...

「Aさんにだって恋バナありますよね!
聞いてみたいです!」

『わ、私にはそんな、色恋沙汰は...』

「話しましょ!」

蜜璃さんに手を引かれ藤の花の花弁が
浮かぶ湯へ浸かる

背中の傷にお湯が染みる

少し痛いけど、藤の花の効用で軽減されるはず。

『本当に私には、恋バナなんてないですよ』

「う〜ん...じゃあ、手始めに柱の中で恋仲にするなら誰がいいのか話しちゃいましょ!」

柱の、中で...

宇髄さんだったら...いや、4人目の嫁はちょっと...
伊黒さんだったら...いや蜜璃さんがいますよね

悲鳴嶋さんだったら...、...よく、分からないな
冨岡さんはしのぶさんですね

不死川さんだったら...ちょっと怖いかなぁ
煉獄さんだったら...うるさいだろうなぁ...

無一郎くん、だったら...どう、なんだろう

「...Aさんって、無一郎くんの事どう思ってます?」

『え?』

微笑みながら問う甘露寺

「さっき、時透さんじゃなくても無一郎くんって
呼んでましたよね。どうしてかなって」

『...無一郎くんとは普通に友達ですよ』

「じゃあもし、無一郎くんがAさんの事が
好きだったら、どうしますか?」

無一郎くんが、私を好きだったら...
まずそんな事ありえないと思うんだけど...

『ありえないと思います』

「もう!今のとこは、付き合っちゃうかも!とか
言うところですよ!もう!」

『ご、ごめんなさい?』

「でも」

『?』

「Aさんには、誰か大切な人ができる気がします!」

『大切な、ひと...』

「さ!まだまだ話しますよ!」

そのあと、逆上せるまで話した

【特別編】ソ ウ ダン ゴト→←コ コ ロ ノ カ ベ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , , 十二鬼月
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

すンず - すごい面白いです!更新頑張って下さい!応援しています!! (10月31日 21時) (レス) id: 6823c0d55a (このIDを非表示/違反報告)
凜檎姫(プロフ) - 優しい無惨さん» コメントありがとうございます!更新めちゃくちゃ頑張りますぅぅぅぅ!!!(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ (10月19日 13時) (レス) id: f28697a51e (このIDを非表示/違反報告)
優しい無惨 - 面白いです!更新頑張ってください(`▽´)ヒヒヒ (10月19日 11時) (レス) id: 2bdd2e1078 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:凜檎姫 | 作成日時:2019年10月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。