検索窓

マネージャーって。


もっとこう、バリバリに仕事出来て…

カッコいいマネージャー見たいなのが普通だと思ってたんですが。





どうやら、僕等のマネージャーは違うらしい。




VN「わんちゃーん。お手出来たらお菓子あげる、お手!」

『へ、…わ、わんっ、!?』


めっちゃメンバーに遊ばれてるし、


JH「疲れた、肩揉んで。」

『はっ、はい!!かしこまりました!』


犬みたいにこき使われてばっかだし、


JN「あー、顔真っ赤だ。なんで?」

『か、かおっ、顔が近い、です…』


ヘタレで男経験一切無いし。






これは、僕等だけの可愛い可愛いぽんこつマネージャーの話。









すみません諸事情のため2のみ一時ロックかけます!!!!




※ 続編となっておりますので、ぜひ前編からご覧下さい。
僕等のぽんこつマネージャー。【SVT】
※ なんだかんだで目が離せないメンバーが書きたかっただけ
※ ご評価コメント是非お願い致します。

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いつき | 作成日時:2022年11月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。