占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:204 hit、合計:52,835 hit

ページ20

*
*




・em

計画的に仕事を進める貴女でしたが予期せぬ事態が同時に起こり一気に仕事量が増えてしまいます。流石にやばいと思い殆ど寝ずに書類とにらめっこをしていると彼が「Aさん、あまり無理しないでください。」と尋ねてきます。その言葉に『もう少し。』とだけ返し続けようとするも思考がぼんやりとしそのまま崩れ落ちてしまいます。

「.....Aさん、頑張るのと無茶をするのは違うんですよ?」

貴女が目を覚ませば彼はほっと一息を吐いた後、言い聞かせるように貴女にそう告げます。反省をした貴女が直ぐに『ごめんなさい。』と素直に謝れば彼は「次は無茶しないと約束できますか?」と首を軽く傾げます。それにも『約束します。』と返せば満足そうに笑みを浮かべます。そして彼はそのまま柔らかな表情で「もっと私を頼ってくださいね。」と。

・sp

朝は何ともなかったにも関わらず少し走った後から気分が優れなくなってしまった貴女。すうっと血の気が引いていき視界まで飛んでしまい、倒れると覚悟するも彼が「先輩!?」と呼びかける声と同時に彼の匂いに包まれそのまま意識を手放します。

「先輩、驚かせんといて下さい。」

貴女が目を覚ませば何時もは表情をあまり変えない彼が眉を下げ貴女をじっと見つめます。『心配かけちゃったね、ごめん。』と謝り彼の頭に手を伸ばし撫でてあげます。すると彼が甘えるように貴女の肩に頭を置き緩く抱きながら「ほんまA先輩は目が離せないっスわ。」と言ってくるも今回ばかりは反論出来ず苦笑いをします。貴女が『ショッピくんが居ないと駄目みたい。』なんて冗談交じりに返せば顔を上げた彼が「じゃあ、ずっと先輩の傍におらんとなぁ。離しませんからね。」と抱き締める腕に力を込めます。暫くは離してくれそうにもありません。





*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*



あおいさん、リクエスト有難うございました!





*
*

彼を攻めてみた 【リク】→←→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (90 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
573人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

彩夏(プロフ) - はじめまして!この作品すごく面白いですね! そこで恐縮ですがリクエストお願いします。風邪引いた夢主ちゃんをメンバーが看病するみたいなやつが読みたいです。良ければよろしくお願いします (8月6日 19時) (レス) id: 44810eaa24 (このIDを非表示/違反報告)
赤月 アズ - 成人済み・・おっ驚き (8月5日 0時) (レス) id: e828082d4c (このIDを非表示/違反報告)
マリン - めっちゃ好きです。初見ながらも惚れました。ピ君の書き方神ですか。死にます。頑張ってください (8月4日 2時) (レス) id: 2dc0637cbc (このIDを非表示/違反報告)
りめんばー(プロフ) - 赤月 アズさん» おっ、piくんカラーだったんですね!私は成人済みですよ〜( ・´ー・`) (8月4日 2時) (レス) id: 444debdc7d (このIDを非表示/違反報告)
りめんばー(プロフ) - コッペパンさん» 閲覧&コメント、有難うございます!断トツだなんて言って貰えて嬉しいです〜!リクエスト、了解致しました!ゆっくり待ってていただければと思います(´˘`*) (8月4日 2時) (レス) id: 444debdc7d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:りめんばー | 作成日時:2019年6月12日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。