占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:8 hit、合計:1,751 hit

43 ページ43

17:成宮 希


成宮は、誰もいない自分の部屋のベッドに寝転がり、ゲームをしていた。


もう少しでクリアできる・・・と、ドキドキしていた、そのとき。


激しくドアをたたく音に驚いて、操作を誤った。そのおかげで、画面からキャラクターは消え、


ゲームオーバーという文字が映し出された。成宮は舌打ちをした。


思いからだを起こして、ドアまで歩いた。どうせ、慳遒いたずらにでも来たのだろう。そう思っ


てドアを開けた。


「なんですか、あお・・・」


成宮は、ドアを開けて、固まった。目の前にいたのは・・・。


「こんにちはー!」


満面の笑みを浮かべているのは、慳遏ΑΑΔ任呂覆、藤堂だ。


成宮は、急いでドアを閉め、鍵をかけた。


「ちょっと、ナリ?!頼みたいことがあるんだけど・・・」


再び、激しくドアをたたかれる。


「なんですかっ?あんたのせいで・・・」


ゲームオーバーになった、と言いかけて口を閉じた。


「あー、ごめんね?邪魔しちゃったよね」


藤堂は、ドアをたたくのをやめた。成宮は、ドアにもたれて座り込んだ。


「あれ、藤堂さん?」


そのとき、外から別の人の声が聞こえた。


「あ、あさみん!」


最悪だ・・・と、成宮はうなだれた。


「どうしたんですか?入ります?」


浅見がドアノブを回した。


「あれ、鍵かけたの?」


浅見は、自分の鍵を使って、部屋の鍵を開けた。


成宮は、しぶしぶ立ち上がり、ドアから離れた。そのとたんに、ドアが開き、浅見と藤堂が入って


きた。


「で・・・どうしたんですか?」


浅見は、成宮と藤堂を交互に見た。


「ナリに、お願いがあってきた」


藤堂は、ゆっくりと言った。


「光の能力者を探してほしい」


「光の能力者?」


反応したのは、浅見だ。


「あさみん、知ってるの?」


「知ってるも何も…」






















「俺が光の能力者だよ」

44→←42


ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 戦闘 , 学園   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白木里沙(プロフ) - おう、楽しみにしとくぜ、青野を☆ (8月28日 22時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» ありがとう!楽しみにしててね!慳遒髻 (8月28日 14時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» おお、青野楽しみにしてるぜ☆ 更新スピードは気にしない!! (8月25日 19時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» 次の次ぐらいには、慳扈个擦襪も・・・!更新、遅くなるかもしれないけど、待っててね!   私も慳遒鮟颪のは楽しいから、出したいんだけどね(笑 (8月23日 11時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» 青野ぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!! 私の…推し…アァァ…←  大丈夫、楽しみに待ってます(´・ω・`) (8月21日 13時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藤宮伶 | 作成日時:2017年6月25日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。