占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

6話 相談 ページ8

チアキ「はぁ...。」

ノーズ「随分とデカいため息だな。」

あの後、そのままノーズを探しに行った。

案の定、体育倉庫の中にいたので僕はそこでノーズと駄弁ることにした。

そりゃさ、こんなことあったらため息くらいつくっしょ。

チアキ「...。」

ノーズ「...何かあったのか?」

優しい顔で聞いてくれるノーズ。

いや、よく考えたら、この顔が優しいって思うのは僕だけかもしれない。

でも、やっぱ相談相手がいると嬉しい。

僕はさっきあった出来事を打ち明けた。

ノーズ「そうか。」

...。

チアキ「え、それだけ?」

もうちょっとなんか言ってくれるのかなって思って待ってたじゃん!

謎の沈黙が生まれたじゃん!!

冷たい態度に悔しくなったので、ノーズに軽めの一発を見舞わせといた。

ノーズ「なんだ?なにか気に召さなかったことでもあったか?」

僕のグーパンチは、痛くも痒くもなかったようで、爽やかな表情のまま聞いてくる。

余計に悔しい。

チアキ「いやいや、他になんか言うことあるっしょ...。」

額に手をついて言う。

ノーズ「チアキがどうしようが俺は関係ない。」

そう言いながら、高く積まれた跳び箱に座っていたノーズは、そこから降りた。

そしてそのまま体育倉庫を出て行った。

…と思いきや、扉の前で止まり、

ノーズ「Aは優しいから、大丈夫なんじゃないか。そう悩むこともないだろう。」

と、振り返らずに言ってから立ち去った。

ノーズらしい、励まし方だな。

少し不器用な言葉。でも、安心する。

いや、僕の方が不器用かもしれないな。

好きな人にあんな態度とっちゃうんだし。

なんてことを考えながら、僕も体育倉庫を出て行った。



Aside

5月30日

チアキ、私のこと嫌いになっちゃったのかな…。

何が原因だったんだろう。

私に友達ができないから愛想を尽かしちゃったとか?

それか、なにかそれ以外の理由とかかな…?

やだよ…私、チアキに嫌われたら生きていけない。

チアキだけが生きがいなのに。

「なんでも、ない。ほっといて。」

って言う会話しかしてないよ、今日。

ほんと、私これからどうすればいいんだろう。


と、日記に書いたところで私は無気力になる。

意味もなく天井を見つめていると、何か熱いものが目から流れ落ちた。

A「あれ、私、泣いて…。」

いつのまにか、泣いていたらしい。

今日は、もうなにも考えたくなかった。

私は、そのままベッドに入り、寝ることにした。

7話 違和感→←5話 無視



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (4時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (9時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。