占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:103 hit、合計:14,470 hit

My love for you will never change ページ9










迷惑メールばかりが届く毎日から一変した。メールボックスを開く度に期待する。通知欄の一番上に未だに見慣れないアドレスが表示されるだけで心臓がバクバクと反応する。







" うえーい! "






メッセージと共に添付された車内から撮った景色は見てはいけないものを見ているようだった。顔はほぼ映っていないけど、ブログで載っているような生活感が溢れた紫耀くんからの写真は迷うことなく保存した。







" 海のにおいが近づいてきた "







その一言だけで、こちらに向かっているんじゃないかって淡い期待をして、その期待は呆気なく裏切られて、落胆して、…って、大抵はその繰り返し。敢えて返信を遅くしているのだって、きっと紫耀くんにとっては何の気にもならないだろうし、私如きの存在が生意気に何を求めているんだって話。








そして、また急に現れる。






「うぃっす」
「……チャラ、」
「この見た目がだろ?」
「銀髪しんど……」
「えーファンの子って何色が好きなの?」
「何色でも好きです」
「おお、さすが笑」






毎月、月末付近になると、連絡もなしに急に現れる紫耀くんは何の為にここへ来てくれるのか、聞こうにも聞けなくて、ファンとアイドルっていう一線を一生貫いていくんだと実感した。






「なんか元気なくね?」
「え?」
「なんかあった?」





人間観察が得意とは言っていたけど、一般人の私にもそれが通用するなんて衝撃だった。少しの変化も見逃さない紫耀くんは至って真剣に私の顔を覗き込んで心配をするもんだから、私は当たり前に目を逸らす。






・→←(S)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
100人がお気に入り
設定タグ:平野紫耀 , King&Prince
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:詠夢 | 作成日時:2021年9月15日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。