占いツクール
検索窓
今日:27 hit、昨日:18 hit、合計:27,468 hit

. ページ19

.




.




河村side





好きでいることをやめる?



俺をその気にさせたのはAさんじゃないか。






「最初に好きだと言ってくれた時はお断りのつもりで仲良くしようと言った。

正直ね、初対面で付き合うとか気持ち悪いって思った。



それから何度もメッセージくれてさ、Aさんは本気で俺のこと想ってくれてるんだってわかった。




そんな事考えてたら頭の中からAさんが消えなくて、消そうとしない自分がいることに気づいて。」






さっきまで下を向いていた顔を少しずつあげて、

今にも溢れそうな涙をうかべた目と少し赤い鼻が見えた。





「ついさっき、俺もAさんのことが好きだってわかった。



だから、……」






そんなわけないとでも言うように首を振る。






「これは、本心だから信じて。



Aさん、好きです。

もし良かったらお付き合いしてください。」





A
『……はい!!!』





嬉しい返事と共に流れる涙。





「ちょっ、泣かないでよ……」



A
『嬉し涙だからいいんですぅ!!!』





落ち着いてからあの状況の詳しいことを話した。

勘違いが交錯してたんだよね、




遠回りしましたねぇと笑うAの笑顔を守っていきたい。


いや、必ず守るよ。




.


.

fin

kwkm→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
139人がお気に入り
設定キーワード:QuizKnock , YouTube , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆゆ | 作成日時:2019年9月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。