占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:24 hit、合計:41,234 hit

24 ページ24

デートの日、私は和也に抱かれた。
なんの感情もない。いつもの事だ。
それから2、3日経って私は彼に別れを告げた。
和也は別れたくないと言っていたが、その後私は彼の連絡先を消してから、姿をくらました。
その後の捜査に支障が出ないように姿を消した。

はずだった。

その三日後、捜査をしていて夜遅くに道を歩いていた。人通りは少なく、いかにも犯罪が起きそうな場所だった。

『(なんだか、胸騒ぎがする)』

何故かその日、私は嫌な予感がして足早に家に向かった。
いつも通りの家。いつも通りの店。いつも通りの道。どれもこれもいつも通りだった。
嫌な予感は気の所為なのか。そう思った瞬間、後ろから迫ってきた何者かに薬を染み込ませたハンカチをかがされた。

『…………っ!だ、れ……?』

薄れゆく視界の中でやっとのこと見えた人物は、別れたはずの和也だった。

『(…………あぁ、また私は"普通の恋愛"から遠ざかっていく)』

和也の不敵な笑みを見ながら私の意識はとだえた。

25→←23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
266人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SHINO - 面白いです!更新待ってます! (4月14日 21時) (レス) id: 5129f74190 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:数の子 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年4月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。